壁紙リフォームで気分を一新! 貼り替えの効果と注意点とは?

同じ家に何年も住んでいると「壁紙をリフォームしたい」と思うことがあるでしょう。

リフォームを考える理由は人それぞれ。
最近は、汚れが落ちやすい壁紙や消臭効果のある壁紙も人気が高いようです。
「壁紙のリフォームは自分でもできるのか?」「業者に依頼したらいくらかかる?」
そんな人たちのために、壁紙のリフォームに関する情報をまとめてみました。

1.壁紙リフォームについて

壁紙は部屋の印象を大きく左右するものです。
壁紙リフォームでは「壁紙選びの失敗」が非常に多く、イメージとの違いに驚く人も少なくありません。

  • 柄物の壁紙を選んだら部屋がごちゃごちゃして見えるようになってしまった
  • 家具や照明との雰囲気があまりに合わない
  • 壁だけ浮いて見える

壁紙を選ぶ際には、サンプルを参考にすることがほとんどです。
しかし、サンプルで見たものと実際に壁紙として貼ったものとでは、意外とイメージが異なります。
壁紙リフォームに成功するためにも、壁紙リフォームの目的やできあがりのイメージ図をしっかりと考えておくことが大切です。

2.壁紙リフォームで得られる効果

では、壁紙をリフォームすることにはどんなメリットがあるのでしょうか。
壁紙リフォームで得られる効果についてご紹介します。

2-1.部屋がきれいになる

いくら部屋をきれいにしていても、壁が汚れていると部屋の雰囲気は悪くなります。
長年住んでいると、壁にはさまざまな汚れが付着するでしょう。
食べ物や飲み物をこぼしたときについたシミ、子供の落書き、タバコのヤニ汚れ…。
蓄積された汚れは、拭いてもなかなかきれいになりません。
せっかく家具を新しくしても、壁が汚れていてはその良さを発揮することもできないでしょう。
壁紙をリフォームすれば、部屋は見違えるほどきれいになります。
もともと掃除や片付けがあまり得意でない人も、壁紙がきれいになれば部屋掃除をする気持ちになれるのではないでしょうか。

2-2.気分を一新できる

壁紙リフォームは「リフレッシュしたい」「気分を変えたい」というときにもおすすめです。
自分で好きなデザインの壁紙を選んで、今までとは違った雰囲気の部屋を作り出してみませんか?
部屋の雰囲気を思いきり変えることもできるでしょう。
たとえば「ナチュラル系の部屋からモダン系の部屋に変えたい」というときも、まずは壁紙リフォームを検討すべきです。

2-3.手入れが簡単になる

壁紙を汚さないように生活するのは大変なことです。
汚れるたびに苦労して掃除するよりも、汚れにくい壁紙にリフォームしてしまいましょう。
汚れや傷に強い壁紙、タバコの煙が付着するのを防止する壁紙などにリフォームすれば、手入れが簡単になりますよ。

3.自分で貼り替える方法

壁紙リフォームは業者に依頼するのが一般的ですが、自分でできないわけではありません。
「節約のために自分で貼り替えたい」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

3-1.道具をそろえる

まずは道具を用意しましょう。
大きめのホームセンターに行けばそろえることができます。
・地ベラ
カッターをあてて壁紙をカットする際に使用します。
貼りつけた壁紙をなでるときにも、地ベラがあると大変便利です。
・ヘラ
壁と壁紙との間に入り込んでしまった空気も、ヘラがあればうまく押し出せます。
ヘラを使うと隅がきれいに貼ることができるでしょう。
・ジョイントローラー
2枚の壁紙が重なり合った部分を圧着するのに使用します。

3-2.古い壁紙をはがし、ひび割れや穴を埋める

コンセントや器具をはずし、部屋の見取り図を書いてサイズを測ります。
古い壁紙をはがす際は、丁寧に作業しましょう。
クロスの裏紙は、きれいにはがれなければ残っても問題ありません。
市販の液剤を使用してはがすのもおすすめです。
壁面は平らにしておく必要があるため、サンドペーパーで磨きます。
ひび割れや穴がある場合は、壁補修用のパテで埋めておきましょう。

3-3.クロスを裁断してのり付けする

部屋のサイズに合わせてクロスを裁断します。
壁紙の裏面にのりを塗布していきましょう。
このとき、均等になるように塗り広げてください。
ジョイント部に隙間ができる原因になってしまうため、のりを塗って10分ほど放置してから貼るようにしましょう。

4.業者に依頼するメリット

壁紙のリフォームは道具と正しい知識さえあれば、自分でもできます。
しかし、それでも多くの人が業者に依頼するのはなぜなのでしょうか。
壁紙リフォームを業者に依頼するメリットをまとめてみました。

4-1.時間が短縮できる

プロの業者に依頼すれば、当然自分で行うよりも短い時間で作業が終わります。
自分で壁紙リフォームをするには道具もそろえる必要があるでしょう。
また、失敗して貼り直したりしているうちに時間がかかってしまいます。
業者に依頼すれば仕上がりまでのスピードが速いため、あっという間にリフォームを済ませることができるでしょう。

4-2.仕上がりがきれい

業者は下地処理をきちんと行ってから新しい壁紙を貼ります。
その分、当然仕上がりがきれいです。
壁と壁紙との間に空気が入ってしまうようなミスもないでしょう。

5.業者に依頼する際の注意点

最後に、壁紙リフォームを業者に依頼する際の注意点をご紹介します。
壁紙にかかわらず、リフォームを依頼する際に最も大切なのは「良心的な業者」を選ぶことです。
リフォーム業者の中には、ずさんな作業をして高額な料金を請求するような悪徳業者もあります。
顧客との話し合いを大切にし、細かく相談に乗ってくれる業者を選ぶようにしましょう。
また、必ず事前に見積もりを出してくれる業者を選んでください。
見積もりを出さずに作業を始めようとする業者は危険です。
迷ったときは、複数の業者に見積もりを依頼して比較するようにしましょう。
相場を知ることもできるので、大変おすすめですよ。
さらに、作業後の小さなトラブルにも対応してくれるような、アフターサービスの充実した業者を探すことが大切でしょう。

6.まとめ

壁紙のリフォームについてご紹介しました。

  • 壁紙リフォームについて
  • 壁紙リフォームで得られる効果
  • 自分で貼り替える方法
  • 業者に依頼するメリット
  • 業者に依頼する際の注意点

「壁紙のリフォームを検討している」「壁紙リフォームについて知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!