給湯器のお湯が出ないときの対処法は? 修理や交換が必要な場合も!

「給湯器のお湯が出ないときはどうしたらよいのか?」「修理に出すべきか迷っている」とお悩みではありませんか? お湯が出なくなる原因はいくつか考えられ、原因に合った対処が必要です。この記事では、給湯器のお湯が出ないときにまずチェックすべきことや考えられる原因・交換にかかる費用などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 給湯器のお湯が出ないときにチェックすること
  2. 給湯器のお湯が出ない主な原因と対処法は?
  3. 給湯器が故障している場合
  4. 給湯器の修理や交換を依頼する際に知っておくべきこと
  5. 給湯器の修理・交換に関するよくある質問

この記事を読むことで、給湯器の耐用年数や修理と交換の判断基準・給湯器業者の選び方などが詳しく分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.給湯器のお湯が出ないときにチェックすること

まずは、給湯器のお湯が出ないときにチェックするべきことやよくある事例をまとめました。

1-1.水は出るか

最初に、水が出るかチェックしてみましょう。お湯だけでなく水も出ない場合は水道側に原因があります。また、水道の元栓が閉まっている可能性もあるため、調べてみてください。

1-2.ガスは来ているか

「水は出るがお湯は出ない」という場合は、ガス供給の問題も考えられます。災害などでガスの供給そのものが止まっている可能性はないか、ガスの元栓は開いているかを確認してください。

1-3.エラーコードは出ていないか

給湯器のリモコンにエラーコードが出ていないかチェックしてみましょう。エラーコードが表示されていれば、お湯が出ない原因が分かる場合もあります。給湯器の取扱説明書でエラー番号を確認し、原因と対処法を調べてみてください。

1-4.どんな状態か確認を

お湯が出ないときに多いのは、「お湯は出ないが水は出る」「ガスコンロの火はつくがお湯は出ない」「台所だけお湯が出ない」などのパターンです。どんな状態かによって考えられる原因や対処法が変わってきます。まずは冷静に、状況を確認してください。

2.給湯器のお湯が出ない主な原因と対処法は?

給湯器のお湯が出ないときに考えられる原因と対処法についてご紹介しましょう。

2-1.凍結

給湯配管が凍結している可能性も考えられます。この場合、基本的には外気温が上がって自然解凍するのを待つべきですが、急いでいるときは配管の凍結部にドライヤーの温風を当ててみるとよいでしょう。配管に直接熱湯をかけることはしないでください。

2-2.水漏れ

止水栓や給湯器の配管が水漏れを起こしている可能性も考えられます。水漏れしているかどうかは、水道メーターを見れば確認できるはずです。水やお湯を一切使っていないのに、パイロットが回転している場合は、水漏れを起こしている可能性があります。自分で修理するのは難しいため、すぐ業者に連絡してください。

2-3.設定ミス

給湯器の設定ミスがないか確認する必要もあります。「温度設定がお湯になっていない」「電源が入っていない」という可能性もあるので一度確認してみましょう。こうしたケアレスミスは自分で対処できるため、業者を呼ぶ前に必ずチェックしておくべきです。

2-4.給湯器の故障

ガスや水道が正常な状態で設定ミスもない場合は、給湯器の故障が考えられます。故障の内容によっては業者を呼んで修理または交換してもらう必要があるでしょう。自分で修理しようとすると感電やケガの危険もあるため、必ず専門家に依頼することをおすすめします。

2-5.コンセントやブレーカーも見落としがち

意外と見落としがちなのが、コンセントやブレーカーです。ブレーカーが落ちたときに給湯器の電源も切れてしまったということはないか、コンセントが抜けていないかなども確認しておきましょう。また、電気温水器の場合はお湯の使い過ぎでお湯切れを起こしていないかもチェックが必要です。

3.給湯器が故障している場合

給湯器の故障は、耐用年数やエラーコードから判断することも可能です。

3-1.耐用年数は約10年

給湯器の耐用年数は約10年といわれています。もちろん設置場所や使い方にもよりますが、設置から10年前後経過した給湯器は不具合が起こりやすくなるでしょう。お湯が出なくなったときは、給湯器を購入してから何年経過しているか調べてみてください。経年劣化が影響している場合もあり、修理か交換を検討しなければなりません。

3-2.エラーコードを確認する

給湯器に不具合が発生した場合は、リモコンにエラーコードが表示されます。その番号を確認することで、業者を呼ぶべきか判断できる場合もあるでしょう。給湯器のエラーコードはメーカーによって表記が異なるため、こちらのサイトを参考にしてください。

4.給湯器の修理や交換を依頼する際に知っておくべきこと

給湯器の修理や交換にかかる費用や業者選びのポイントなどをご紹介しましょう。

4-1.修理できない場合もある

使用年数が長い給湯器の場合、依頼しても修理を受け付けてもらえない場合があります。給湯器の部品をメーカーが保有している期間は、生産終了から10年間です。10年以上経過している給湯器は、修理したくても部品がないため、不可能ということもあります。その場合は、新しい給湯器に交換することになるでしょう。

4-2.保証期間を過ぎている場合は交換がおすすめ

メーカーの部品保有期間内であれば、修理か交換かを選択可能です。どちらを選ぶかは、保証期間内かどうかで決めることをおすすめします。各メーカーによって保証期間が決められており、その期間内であれば無料または低価格で修理してもらうことができるのです。逆に、保証期間を過ぎている場合は修理に高額な費用がかかります。買い替えたほうがお得な場合が多いでしょう。

4-3.修理と交換の費用は?

保証期間を過ぎた給湯器の修理費用は、出張費・技術料・部品代を合わせて5,000円~60,000円程度が目安です。不具合の原因箇所や程度によって変わってくるため、必ず事前に確認しておきましょう。一方、交換の場合は、給湯器の本体価格によって大幅に差が出ます。号数や機能・タイプによって10万円以下のものから30万円以上するものまであるため、自分の家に合ったものを慎重に選びましょう。そのほかに工事費や出張費が3万~5万円ほどかかります。

4-4.優良な業者を選ぶポイント

給湯器の修理や交換を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選ぶとよいでしょう。

  • スピーディーに対応してくれるか
  • 24時間365日受付をしているか
  • 豊富な施工実績があるか
  • 保証内容やアフターサービスが充実しているか
  • 見積書に詳細が記載されているか

5.給湯器の修理・交換に関するよくある質問

「給湯器の調子が悪いので対処法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.給湯器の凍結を予防するにはどうしたらよいですか?
A.給湯器を長時間使用しないときは、給湯器の電源をオフにしてお湯の出る蛇口から水を細く出しっぱなしにしておきましょう。

Q.天候の影響でお湯が出なくなることもあるのですか?
A.はい。台風や豪雨の後は給湯器内の湿度が高くなり、点火不良を起こすこともあります。この場合は給湯器のリモコンにエラーコードが表示されるため、確認してください。

Q.給湯器の交換にはどのくらいの時間がかかりますか?
A.業者に在庫があり、すぐ交換できる場合は半日程度で完了するでしょう。在庫がなくて取り寄せになる場合や、配管工事が必要になる場合などは、数日~1週間ほどかかることもあります。

Q.10年以上使用している給湯器の修理を依頼したところ、交換をすすめられました。交換したほうがよいのでしょうか?
A.耐用年数が過ぎた給湯器は、修理しても再び故障する可能性が高いです。またすぐ故障して修理してもらうより、新しいものに買い替えがほうが安心でしょう。

Q.悪質な給湯器業者にはどのような特徴がありますか?
A.飛び込み営業で強引に契約を迫る業者や、見積書に詳細を記載していない業者などは要注意です。また、スタッフの態度や対応が悪い業者も利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

給湯器のお湯が出ないときの原因や対処法・修理や交換について詳しくご紹介しました。お湯は生活必需品です。突然使えなくなると生活に大きな支障をきたすことになるでしょう。お湯が出なくなったときにどう対処したらよいのか、ぜひこの記事を参考にして知っておいてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!