「ガーデニングにウッドチップを使いたいけど、具体的にどんなメリットがあるのだろう」「ウッドチップの種類や選び方のコツを知りたい」とお考えではありませんか? ウッドチップとは、ガーデニングなどに使われる、小さな木片のことです。ウッドチップを使うと温かみのある仕上がりになるこなどのメリットから、ガーデニングが趣味の人などに人気があります。しかし、実際に使ってみたくても、どんなメリットがあるのか、どんなポイントで選ぶといいのかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、ウッドチップのメリットについて詳しく解説します。

  1. ウッドチップとはどんなもの?
  2. ウッドチップの主な種類
  3. ウッドチップを使うメリットは?
  4. ウッドチップを使うデメリットは?
  5. ウッドチップを使うときの注意点
  6. ウッドチップのメリットに関するよくある質問

この記事を読むことで、ウッドチップのメリットや選び方がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


「家が傾いているかも?」と不安に感じたときは、できるだけ早めに原因をハッキリさせて対処しなければなりません。家が傾いていると、さまざまなデメリットや危険が生まれるからです。安心して生活を続けることができなくなるでしょう。不安なまま過ごすよりも原因をハッキリさせたほうが安心できますが、どうやって調査すればいいのか、どこに依頼すればいいのか分からない方が多いはずです。

そこで、本記事では、家の傾きをチェックする方法などについて解説します。

  1. 家の傾きを放置するデメリット
  2. 家の傾きの原因は?
  3. 家の傾きをチェックする方法
  4. 家の傾きを補強する方法は?
  5. 家の傾きに関してよくある質問

この記事を読むことで、家の傾きを放置する危険性や対処法などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.家の傾きを放置するデメリット

まずは、家の傾きを放置するデメリットをチェックしておきましょう。

1-1.家全体のねじれやゆがみが生じる

家の傾きを放置するのは非常に危険です。放置するほど、ますます家が傾いてしまうことになります。柱や床下だけにとどまらず、最終的には家全体のねじれやゆがみが生じることになるのです。目に見えないところでどんどん傾いてしまい、重大な構造上の問題を引き起こす結果になってしまいます。実際に、傾きの症状や原因によって深刻な問題であるケースは多いのですが、それほど大した問題でないケースもあるのです。しばらく様子を見て大きな変化がないなら問題はありませんが、素人では判断しづらいところがあります。また、重要な問題が発生していた場合、早急に対処しなければなりません。家の傾きは危険な兆候の可能性があることを認識しておく必要があります。

1-2.地震や台風で多大な被害を受けるリスクが高まる

家の傾きを放置することで、地震の揺れや台風の強い風で多大な被害を受けるリスクが高まります。特に、近年の日本は大阪府北部地震など大きめの地震がいつどこで起きるか分かりません。傾きがひどくなるほど揺れに弱い建物になってしまうため、安心して生活できなくなってしまいます。また、床や壁に傾きがある場合、床に置く家具や家電も不安定になりがちです。地震で倒れてしまい、ケガをするリスクも高まるでしょう。

1-3.ほかにもさまざまなデメリットが……

家の傾きを放置することで、ほかにも以下のようなデメリットが生まれます。

  • 丸いものが転がりやすくなる
  • カギがかかりにくい
  • ドアが自動開閉になる
  • 床がきしむ
  • 雨どいが機能しない
  • リフォームがしにくくなる
  • 家の耐震性が低下する
  • 小さい地震でも家が揺れやすくなる
  • めまいや頭痛がする
  • 肩こり・腰痛がなかなか治らない
  • 平衡感覚が狂う

家自体のデメリットだけでなく、平衡感覚が狂ったり体調不良になりやすくなったりするなどの被害も起こりやすくなります。生活にも支障をきたす恐れがあるからこそ、早めに原因を突き止めなければなりません。

2.家の傾きの原因は?

それでは、家の傾きは何が原因なのでしょうか。主な原因をいくつかピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

2-1.地震による液状化

最近、増えているのが地震による液状化で家が傾くことです。特に、埋め立て地など地盤が弱い地域で大地震が発生すると、液状化現象によって地盤内の水分が流出し地盤沈下が起こります。液状化現象とは、砂と水が多い地盤が揺れると発生する水が吹き出してしまう現象のことです。建物が建っている地盤で液状化現象が起きると、家が傾きながらどんどん地盤も沈んでいきます。家の重量によって地盤そのものが変形している証拠です。

2-2.シロアリによる構造部の食害

木材建築に多いのが、シロアリによる構造物の食害で家が傾くことです。シロアリは木材を食べる傾向があるため、大量発生すると柱や梁などの構造部を食い荒らしてしまいます。その結果、建物の重量が支えられなくなり、家が傾いてしまうのです。また、シロアリは湿気が多い場所を好んで住みつくため、床下に大量発生しやすくなります。いつの間にか、見えない場所が食べ尽くされていたり、腐敗したりする恐れがあるため、定期的な点検が必要になるでしょう。

2-3.施工不良で傾くこともある

地盤沈下やシロアリの被害だけでなく、業者による施工不良で家が傾き始めることもあります。たとえば、施工時の基礎工事が不十分だと建物の重量が支えきれなくなり、数年で建物が傾き始めるのです。柱と梁の接合部分に十分な強度の部品が使われていなかった場合も、家が傾く原因となります。また、設計時に柱の位置や本数が屋根の重さとバランスが合っていないケースも、傾いてしまうので実績がない施工業者とのトラブルが相次いでいるのです。施工不良による家の傾きは結構多いので、建物を建てたりリフォームしたりする場合は信頼できる業者に依頼することが大切なポイントとなります。

3.家の傾きをチェックする方法

ここでは、家の傾きをチェックする方法を紹介します。

3-1.亀裂がひび割れが起きていないか

家の傾きをチェックする方法として簡単にできるのが、亀裂やひび割れが起きていないかどうかです。傾いている家には、外壁や基礎部分に亀裂またはひび割れが起きている共通点があります。たとえば、玄関口の土間・浴室のタイル目地にひび割れが起きているなどです。目地にひび割れが起きていると、割れ目から湿気や水分が入り込み木材が腐敗する恐れがあります。さらに、柱や梁の腐敗が進み、家の傾きが進行してしまうのです。特に、内部に発生するカビには十分に注意しなければなりません。

3-2.玄関ポーチの基礎・窓やドアの開閉トラブル

家が傾き始めると、玄関ポーチの基礎や窓・ドアの開閉トラブルが起きやすくなります。目視で確認できる範囲で構いませんが、家の基礎と玄関ポーチの境目にひび割れが起きていないかチェックしてください。基礎とポーチが離れている場合、ひび割れが原因で家の傾きが起きている可能性があります。また、家が傾いていると窓やドアの開閉がしにくくなったり、半開きのドアが自動的に開いたり閉まったりする現象も起きやすくなるのです。窓からはすき間風が入りやすくなったり、カギを閉めようとしても締めにくくなったりします。不具合が起きていないか隅々までチェックしましょう。

3-3.雨の流れや風呂場の水の流れをチェックする

家が傾いていると、雨が降ったときに雨が雨どいをたどらなくなりがちです。雨どいをたどらずにあふれ出していたり、外壁に雨の流れが当たったりするようになります。砂や落ち葉などが吹きだまりを作っている可能性もありますが、雨水がきちんと雨どいを通っているか雨の日に確認してください。また、風呂場の水の流れもチェックポイントの1つです。風呂場やキッチンなどで水の流れが悪い場合、家が傾いている恐れがあります。本来、勾配がついているはずの排水パイプが変な方向に向いてしまうのです。水圧か加わったとしても容易に水が流れず、水はけが悪くなるでしょう。

4.家の傾きを補強する方法は?

では、家の傾きを補強する方法とは、どのような方法があるのでしょうか。

4-1.まずは現地調査が必要不可欠

家の傾きを補強するには、現地調査が必要不可欠です。素人ではチェックできる範囲が限られているため、基礎部分や柱・梁をチェックしてくれるリフォーム業者などの専門業者に調査を依頼しましょう。しっかりと調査を行うからこそ、家が傾いている原因を突き止めることができます。原因が判明すれば、正しい補強を行うことができるのです。調査を依頼する際は、きちんと現地調査を行ってくれるか・親身になって相談にのってくれるかチェックしてください。

4-2.ジャッキアップ工法・薬液注入工法・アンダーピニング工法

主な補強方法としては、ジャッキアップ工法・薬液注入工法・アンダーピニング工法の3つの方法があります。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

4-2-1.ジャッキアップ工法

家の下に油圧ジャッキを設置し建物を持ち上げて傾きを修正する方法がジャッキアップ工法です。設置箇所によってさまざまな工法がありますが、基礎と土台の間にジャッキを設置したり、基礎ごと持ち上げたりする方法が一般的でしょう。施工費用は約200万~260万円が相場です。建物由来の傾きに対して効果を発揮するため、地盤沈下が原因の場合は別の工法を採用します。

4-2-2.薬液注入工法

さまざまな薬液を家屋下に注入して傾きを修正する方法が、薬液注入工法です。一般的に、硬質ウレタン注入工法やグラウト注入工法などが用いられます。ジャッキアップ工法とは違って地面を掘り返す手間が必要ないため、短期間で施工できるでしょう。ただし、修正できる傾きの量は最大で約5cmとなっています。5cm以上の傾きの場合は採用されません。

4-2-3.アンダーピニング方法

基礎部分に穴を掘り、ジャッキの圧力と家の加重を利用して地盤に杭(くい)を打ち込む方法がアンダーピニング工法です。地面下の頑丈な支持層まで杭を打ち込むため、地震発生時の耐久性を向上させることができます。ただ、杭打ちなど大がかりな工事となるので、施工期間が長く費用が高くなりがちです。

4-3.新しい土台を作る必要もある

家が傾く原因によっては、新しい土台を作らなければならないケースもあります。床下の根太・梁の腐食が結構進んでいると新しい土台を作り、梁や柱も新しいものに取り替えなければなりません。柱自体を取り替えることになると大がかりな工事になるため、多額の費用がかかります。費用を最小限に抑えるには、早期発見・早期対処が必要です。

5.家の傾きに関してよくある質問

家の傾きに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.補強が必要な傾きの範囲は?
A.目安の1つとして、傾きの大きさで判断する方法があります。傾きの大きさが「3/1000」を超えると要注意です。「3/1000」の数値を超えているとすぐに補強しなければならない状況だと思ってください。「6/1000」の場合は状況しだいでは直ちに補修など対応を検討すべき場合が多いでしょう。自分で計測する場合は、市販の安価な水準器を使ってください。ある程度の傾きながら判断しやすくなります。

Q.傾いた家を補強するメリットは?
A.家の軸組みそのものを水平にすることで、柱・床・壁・基礎にかかる負担が軽減します。耐久性がアップするのはもちろんのこと、今後の震災に対する減災効果も期待できるのです。家の傾きは人の健康面だけでなく、柱や壁などにも負担がかかりやすくなっています。さらに、小さな子どもは傾いた家の悪影響で健康被害が長期的に続くこともあるでしょう。さまざまな不具合をなくし、安心して生活するためには傾いた家を補強する必要があります。

Q.浴室付近で傾きがある原因は?
A.床の下地材が劣化している可能性が高いといえるでしょう。築数年経過すれば建物自体が劣化するのは当たり前ですが、床下もどんどん劣化します。特に、床の下地材は劣化するとへこみやすくなり、部屋が傾いているように見え始めるのです。浴室は水分によって腐敗しやすくなるため、家が傾いているように感じやすくなります。

Q.構造上の問題が原因で家が傾いたときの対処法は?
A.柱や土台が傾いている可能性が高いため、基礎はそのままにして傾きがある部屋だけリフォームをするのが最適な方法といえます。基礎は水平なのに柱・壁・土台などが傾いていると、基礎のジャップアップ工法は不可能です。ただし、ほかにも原因がある場合は、さまざまな工法を検討し最適な方法を選ぶことになるでしょう。

Q.業者選びのポイントは?
A.どのような質問にも丁寧に答えてくれるか・スピーディーに対応してくれるかなどさまざまなポイントをチェックしてください。家が傾く原因によっては補強工法が高額になるため、見積書の詳細もしっかりと確認しましょう。具体的に記載されていない場合は、悪徳業者の可能性があります。

まとめ

家の傾きは、地盤沈下・シロアリの被害・施工不良などさまざまな原因があります。傾きを放置すると家全体のゆがみにつながり、住んでいる人の健康面にまで悪影響を及ぼすことになるでしょう。まずは、原因をしっかりと突き止めてから適正な補強方法を選択する必要があります。早期発見・早期補強を行えば、費用も最小限に抑えることができるでしょう。


飲食店で働いているとグリストラップの臭いに悩まされることがあるでしょう。「掃除に手間や時間をかけられない」「臭いの発生を防ぐにはどうしたらよいのか?」という人も多いと思います。飲食店にとって「清潔感」は非常に重要なポイントになるため、しっかり対処しなければなりません。

この記事では、グリストラップの掃除方法や臭いを防ぐポイントなどを詳しくご紹介しましょう。

  1. グリストラップの臭いは何が原因なのか?
  2. グリストラップの掃除方法を紹介
  3. グリストラップの臭いを予防するポイント
  4. グリストラップの掃除を業者に依頼する場合
  5. グリストラップの掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、グリストラップの効果的な臭い対策や、業者に掃除を依頼した場合の費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む


「家のリフォームを考えているが、リフォーム会社選びに悩んでいる」という人は多いと思います。リフォーム会社はたくさんありますが、会社ごとに得意なリフォームが異なるものです。ですから、リフォーム会社を選ぶ際はwebサイトなどをよく確認し、会社の特徴を知れば、リフォーム選びの対象になるでしょう。

そこで今回は、静岡県浜松市のリフォーム会社を紹介します。

  1. 浜松市中区のリフォーム会社
  2. 浜松市東区のリフォーム会社
  3. 浜松市西区のリフォーム会社
  4. 浜松市南区のリフォーム会社
  5. 浜松市北区のリフォーム会社
  6. 浜松市天竜区のリフォーム会社
  7. リフォーム会社は複数を比べて選ぶ
  8. 浜松市のリフォーム会社に関するよくある質問

この記事を読めば、リフォーム会社選びの参考になること間違いなしです。静岡県浜松市でリフォーム会社を探している人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

続きを読む


「リフォームを考えているが、どこの会社に依頼していいか分からない」と悩んでいる人はいませんか? リフォーム業者は、会社ごとに特徴があり、得意にしているリフォームも異なります。ですから、まずリフォーム会社のwebサイトなどを確認し、業者の特徴や得意なリフォームを知ることが大切です。

そこで今回は、静岡県静岡市のリフォーム会社を詳しくご紹介しましょう。

  1. 静岡県葵区のリフォーム業者
  2. 静岡市駿河区のリフォーム業者
  3. 静岡市清水区のリフォーム業者
  4. リフォーム会社は実績で選ぼう
  5. 静岡市のリフォーム業者に関するよくある質問

この記事を読めば、静岡市でリフォームをする際の業者選びの参考になります。静岡市でリフォーム業者を探している場合は、ぜひこの記事を参考にしてください。

続きを読む


システムキッチンの選び方を知りたいとお考えでしょうか? システムキッチンは、長く使っているうちに素材が傷んできたり不具合が起きたりなど、何かと不満が出てきますよね。しかし、買い替えたくても、どんな種類があってどんなポイントをチェックして選ぶといいのか、分かりづらいこともあるでしょう。そこで今回は、システムキッチンの選び方について詳しく解説します。

  1. システムキッチンを選ぶ前に確認することは?
  2. システムキッチンにはどんな種類がある?
  3. システムキッチンの選び方のポイント
  4. システムキッチンの施工業者を選ぶポイント
  5. システムキッチンの選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、システムキッチンを選ぶときに注意するべきポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


「給湯器の選び方に迷っている」という人は多いでしょう。給湯器にはさまざまな種類があるため、自分の家に合ったものを選びたいですよね。お得で快適にお湯を使うことができるように、給湯器選びのポイントを知っておきましょう。

この記事では、給湯器の選び方をタイプ別やメーカー別などにまとめてご紹介します。設置業者の選び方もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

  1. 給湯器をタイプで選ぶ
  2. 給湯器を沸かし方で選ぶ
  3. 給湯器を号数で選ぶ
  4. 給湯器をメーカーで選ぶ
  5. 給湯器の設置業者を選ぶポイントは?
  6. 給湯器の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、給湯器のタイプ別メリット・デメリットや、信頼できる設置業者の特徴などが分かるはずです。

続きを読む


外壁塗装をする際、水性塗料か油性塗料かで悩んでいる人はいませんか? 水性塗料と油性塗料にはそれぞれ異なる特徴があります。特徴とメリット・デメリットを把握しておけば、選ぶ際の参考になるでしょう。

今回は、油性塗料と水性塗料の特徴や選び方を解説します。

  1. 水性塗料と油性塗料の違いや特徴
  2. 水性か油性かを選ぶ判断基準
  3. 塗料に関するよくある質問

この記事を読めば、もう塗料の種類で悩むことはありません。外壁塗装の塗料の種類で悩んでいる人は、ぜひこの記事の内容を参考にしてください。

続きを読む


「家を建てるのだけど、外壁の素材選びで悩んでいる」という人はいませんか? 外壁素材にはさまざまな種類があります。それぞれに特徴とメリット・デメリットがあるので、それを承知した上で目的や用途にあったものを選ぶことが大切です。

今回は、一般住宅に使われる主な外壁素材とその特徴を紹介します。

  1. 外壁素材の役割
  2. 一般住宅で使われている外壁素材
  3. 外壁素材を選ぶコツ
  4. 外壁工事をする業者は実績で選ぶ
  5. 外壁素材に関するよくある質問

この記事を読めば、外壁素材を選ぶポイントなどもよく分かるでしょう。外壁素材について知りたいという人は、ぜひ選択の参考にしてください。

続きを読む


「フローリングをキレイに使いたいので、傷を防止する方法はないか」「賃貸物件なので、フローリングを傷付けずに使うコツを知りたい」とお考えではありませんか? フローリングは、いつの間にか傷が付いてしまうものです。しかし、普段から気を配ることでキレイな状態に保つこともできます。まずは、フローリングに傷が付く主な原因を知り、きちんと対策しましょう。

今回は、フローリングの傷を防止する方法について詳しく解説します。

  1. フローリングに傷が付く原因は?
  2. フローリングの傷を防止するポイントは?
  3. フローリングの傷防止におすすめのグッズ
  4. フローリングの傷を防止する方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、フローリングの傷を防止するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む