外壁塗装のトラブルを防ぐ! 失敗しない塗装のためのチェックポイント

家の外壁塗装を考える場合、塗装の色は全体のイメージも変えてしまうため、なかなか思い切れないという人も多いでしょう。外壁塗装によるトラブルも多いといいますから、もしもトラブルが起きてしまったら…と考えてしまうのも分かります。
失敗したら直せばいい、というような簡単な工事でもありませんから、事前に出来る限りの準備をすることが大切です。
全ての不安を取り除いてから、外壁塗装の工事を始められるように、よくあるトラブルやその対処法・業者の選び方などをご紹介します。

1.外装塗装でよくあるトラブル

1-1.完成した塗装の色が見本と違う

外壁塗装の工事を依頼する際には、通常は色見本を見せてもらって、どんな外壁の色にするかを相談・打ち合わせをします。
たくさんの色が並ぶ中から色見本を見ただけで選ぶ場合、「実際に塗ってみたら思い描いていた色と違う」というトラブルは、外壁塗装失敗例としてよくあります。

色見本はたくさんの色が並んでいる中で見るので、少し違った色に見えることもあるのです。

また、見本で見るだけなら狭い範囲ですが、外壁全体に塗るとなると色の範囲が広くなるので、どうしても印象が違って見えてしまいます。色見本だけでは、実際に外壁に塗ったイメージを正しく掴めないため、「見本の色と違う」というトラブルが起きてしまうのです。

1-2.すぐに剥がれた、さびたなどの問題が発生

外壁塗装を実施してから、それほど時間が立たないうちに「はがれたりさびたりした」というトラブルもあります。1年も経たないうちに「はがれてくる・さびてくる」という外壁塗装は、施工に失敗したと考えてよいでしょう。本来は短期間で起きるはずがないことなので、外壁塗装の工事自体が十分ではなかった、ということです。

このようなトラブルの原因として考えられるのは、塗料が足りなかったとか、下塗りが十分ではなかったという、いわゆる工事の手抜きです。手抜きといって必ずしもわざとしているとは限りません。
外壁塗装の工事は元請け業者だけではなく、その後下請け業者へと依頼をします。その際に安い金額で工事を依頼することにより、下請け業者もできるだけ材料費や人件費を抑えようと工事を実施するために、短期間で外壁に問題が発生するのです。

さびの場合は、こういった費用の問題だけではなく、きちんと下地のさび対策ができていたかどうかも関係します。業者によっては、こうした対策をせずに工事をしてしまう場合もありますので、プロだからお任せでいいと思わずに、自分たちでも外壁塗装に対しての知識をつけて、工事のチェックをおこなえると安心です。

1-3.近隣に住んでいる人からの苦情

工事そのもののトラブルではないですが、工事について近隣に住んでいる人からの苦情がきてしまった…という問題です。外壁塗装の工事というのは、静かにおこなえるものでもありません。業者の車が出入りすることもあるでしょうし、騒音も起きる工事です。そうなると、やはり近隣の人の了承がないと難しい工事といえるでしょう。
塗料が飛んだとか、塗料のニオイがきつい…などの苦情がくることもあるため、十分に配慮する必要があります。

2.トラブルへの対処方法

2-1.塗り直しを依頼

一度塗った塗装であっても、業者に不備が合った場合は塗り直しを依頼するのがよいでしょう。特にすぐにさびてきた、はがれてきたという業者側のミスによって起きたトラブルに関しては、業者側にきちんと責任を取ってもらう必要があります。

色見本で決めた色と、実際に塗ってもらった色が違う…というトラブルについては、業者側の失敗でないため無料というわけにはいかないでしょう。イメージ違いの塗り直しに関しては、また塗りなおす分の費用がかかってしまいます。

2-2.苦情には真摯に向き合って対応

近隣とのトラブルで苦情が出てしまったら、きちんと対応しましょう。外壁塗装の工事をおこなう上で、こちら側がトラブルを招いてしまうようなことはしなかったか、問題となる出来事は起こっていたのか、といった事実も確認してください。そして、きちんと謝罪をしましょう。

近隣トラブルというのはそのまま放置しておくと、近所づきあいに大きく響いてしまいます。ずっと住んでいく家なのですから、近隣の人とは円満に仲良く過ごしていくのが一番。大きな近隣トラブルに発展させないためにも、きちんと対応するように心がけてください。

3.トラブルを防ぐためには?

3-1.見本だけではなく実際に塗った色をチェック

イメージ違いのトラブルを防ぐためには、やはり最初から試し塗りをしておくことです。色見本だけで決めずに、実際に木の板などの塗ってみて、どういう風に発色をするかを確かめます。もしも業者側が可能だというのであれば、カラーシミュレーションなどで実際に全面に塗った場合にはどのようになるか、塗る前にきちんと確認しておきましょう。

3-2.どんな手順で塗るのかを教えてもらう

さびやはがれなどは、工事の段階をチェックさせてもらうようにしてください。写真をとって実際の工事手順を知らせてもらうとか、どんな材料を使ってどんな手順で行うのか…明確にしてもらった方が安心です。自分でもある程度外壁塗装の工事についての知識をつけておけば、その工事で問題があるかどうかは判断できるようになります。

3-3.事前に近隣へはあいさつを済ませておく

近隣トラブルを防ぐためにできることといえば、やはり事前のあいさつです。あいさつがないというだけで、ちょっとした騒音やニオイなども苦情につながります。「工事をするのでご迷惑をおかけするかもしれません」と一言伝えておくだけでも、工事をするうえで仕方がない範囲内の騒音やニオイぐらいであれば、苦情にはならないはずです。工事が長くなる場合は、「何かご迷惑をおかけしていることはありませんか?」と工事の途中で訪ねてみてください。苦情になる前の段階で対応できれば、大きなトラブルは防げます。

4.業者に依頼をする際の注意点

4-1.金額は見積もりの段階で確認

塗装業者に依頼をする場合、どれぐらいの金額でやってほしいかという希望の額があると思います。その額で本当に自分の希望する外壁塗装が可能かどうかを考えてみてください。

工事をする業者としては、一つでも工事をする家が増えれば利益が出るので、多少無理をして材料費や人件費を抑えてでも工事をしようする場合もあります。そのために、無理矢理希望している金額内におさめられる見積もりを出すこともあるのです。トラブルを防ぐためには、本当にそれで十分な外壁工事ができるのか、きちんと考えなくてはいけません。

見積もりはできれば複数の業者に依頼をして、安さだけでは決めずに、本当にいい外壁塗装工事をしてくれるかどうかを重視して選ぶようにしてください。

4-2.腕のいい職人のいる業者を選ぶ

外壁塗装の良し悪しというのは、やはり職人の腕にかかっているといってもいいでしょう。塗装の際に何か機械を使うとしても、それを扱う職人の腕によって仕上がりは変わります。安すぎる工事は人件費の安い経験が浅い職人を集めて行われる可能性もあるでしょう。

腕のある職人がいるかどうかを調べるのは大変かもしれませんが、実績が豊富で外壁塗装業者として長く歴史のある業者のほうが、やはり腕のいい職人がいる確率が高くなりますので、そういった塗装業者を選ぶようにしましょう。

4-3.丁寧な打ち合わせをしておく

外壁塗装工事をしてもらう上で打ち合わせは非常に大切です。打ち合わせをする中で業者側と依頼主側で一緒に塗装について話し合い、考えが合致したところで初めて塗装工事が開始できるのです。よくわからないけどプロの塗装業者がそういっているなら…と依頼主側も任せてしまうのは問題です。

後々トラブルになることを防ぐためにも、必ず打ち合わせは念入りにしておいてください。

まとめ

いかがでしょうか?

  • 外装塗装でよくあるトラブル
  • トラブルへの対処方法
  • トラブルを防ぐためには?
  • 業者に依頼をする際の注意点

外壁塗装で起きやすいトラブルについては、対策をしてできるだけトラブルが起きないように心がけましょう。もしもトラブルが起きてしまった場合にも、焦らず冷静に対処をしてくださいね。

業者選びの失敗が外壁塗装工事の失敗にもつながりますから、自分が安心して工事を任せられる業者選びをするようにしましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!