フローリングが滑る原因と対策法! 転んでケガをしないために!

近年、フローリングを施した住宅が増えていますが、長く住んでいると、一度はフローリングで滑って転倒しかけたことがあると思います。中には実際に転倒し、ケガをしてしまう方も珍しくはありません。フローリングはなぜ滑りやすいのか、どうすれば滑りづらくできるのかと悩んでいる方も多いでしょう。

そこで、今回は滑るフローリングに関する基礎知識をご紹介します。

  1. フローリングが滑ることによる問題点は?
  2. フローリングが滑る原因とは?
  3. フローリングの滑り止め対策は?
  4. 滑りやすいフローリングに関するQ&A

この記事を読むことでフローリングが滑る原因や、滑らなくするための方法などを知ることができます。

1.フローリングが滑ることによる問題点は?

まずは、フローリングが滑ることによってどのような問題があるのかを洗い出していきます。

1-1.転倒のリスクが高まる

最大の問題点は転倒のリスクが高まることです。特に、スリッパや靴下で歩いたときには滑りやすいので、お年寄り・小さなお子さんのいるご家庭ではリスクがあります。中でも、高齢者は骨折が原因で認知症になったり寝たきりになったりしてしまうこともあるため、特に注意が必要です。

1-2.膝や腰に負担をかける

滑りやすいフローリングは膝に負担をかけます。なぜかというと、踏ん張りが利かないからです。立ち上がるときに力が入りづらく膝により強い力がかかり、滑ったときとっさにバランスを取ろうとすれば膝や腰の腱(けん)などを痛めやすくなるでしょう。また、これは何も人間に限ったことではなく、ペットにも影響があります。高齢の猫や犬を飼っている家庭では配慮してあげたいところです。

1-3.生活しづらい

フローリングが滑るというのは、意外とストレスになります。たとえば、料理を運んでいるときなどに滑って台無しにしてしまうかも知れません。また、模様替えなどで重いものを運ぶときにフローリングが滑ると踏ん張りが利かず、より多くの体力を必要とします。

2.フローリングが滑る原因とは?

次は、フローリングがなぜ滑りやすくなるのか、その原因をご紹介します。

2-1.ワックスが落ちてしまっている

ワックスが塗られているほうが滑りそうに思うかも知れませんが、実は逆なのです。ワックスがしっかりと塗られていると適度なグリップが保たれます。木の表面は非常に滑らかなので、ワックスがないと滑ってしまうのです。疑問に思う方は、壁などのワックスがかかっていない木製部を触ってみてください。特に、手袋や軍手を付けた状態で触れば、ワックスのない状態の木がどれほど滑りやすいかが分かるはずです。

2-2.揮発した油

料理などで油を使うと、揮発した油が目に見えない細かな粒子となって空気中に漂うのをご存じでしょうか。その証拠に、キッチンに取り付けたエアコンをシーズン後に掃除すると、雑巾などが油分でべたべたになってしまいます。空気中に飛び散った油は、時間がたてば当然フローリングに振り落ちるので、油を使った後はフローリングが滑りやすくなるのです。頻繁に揚げ物をするご家庭では注意しましょう。

2-3.シリコンスプレー

建て付けの悪い窓のサッシを手入れする際、シリコンスプレーを使ってスムーズに開け閉めできるようにする場合がありますよね。このシリコンスプレーがフローリングに付着すると滑りやすくなってしまうのです。

2-4.ホコリ

ホコリがあると滑りやすくなります。特に、砂ボコリは非常に滑りやすいので、公園や大通りに面した家などでは気を付けましょう。

3.フローリングの滑り止め対策は?

この項ではフローリングが滑らないようにするための方法をご紹介します。

3-1.定期的なワックスがけを行う

定期的にワックスを塗り直すことで木がむき出しになるのを防ぎ、滑りにくくできます。頻度は半年~1年に1回が理想的です。なお、ワックスを塗る前には必ずフローリングを床用クリーナーなどでキレイに掃除し、十分に乾燥させてから行いましょう。ちなみに、ワックスを塗る際には部屋の奥から出入り口に向かうようにして行ってください。手前から奥に向かって塗ったり、逃げ道のない壁に向かって塗ったりすると、せっかく塗った場所の上を歩かなくてはならず台無しになってしまいます。

3-2.油を使った料理の後は拭き掃除を行う

油を使った日や翌日にはウェットタイプのフローリングワイパーやモップを使ってフローリングを水拭きしましょう。なお、から拭きだけだと油を塗り広げるだけで取り切れない場合があります。

3-3.こまめな掃除を心がける

油汚れはもちろんですが、ホコリをためないためにもこまめな掃除を心がけるようにしましょう。ワックスが適切に塗られ、こまめに掃除された家のフローリングであれば滑りやすくなる心配はありません。

4.滑りやすいフローリングに関するQ&A

この項では滑りやすいフローリングに関してよく寄せられる質問とその回答をご紹介します。

Q.ワックスがけができない場合は、どのような滑り止め対策をすればいいのでしょうか?
A.滑り止め対策されたサンダルや靴を室内履きにすることをおすすめします。学校などで使う上履きのようなものでも良いでしょう。素足や靴下よりも格段に滑りにくくなります。
また、ジョイントマットを引くのも一つの手です。ジョイントマットなら部屋の大きさに合わせてサイズを変えられ、滑り止めの効果も高いのでぜひ使ってみてください。

Q.ワックスがけのポイントは何ですか?
A.キレイに仕上げるためには、ワックスを塗った後にしっかりと乾燥させることが重要となります。ですから、「晴れた日に行うこと」が重要です。雨の日など、湿度が高く温度の低い日にワックスがけを行うと乾燥に時間がかかり、仕上がりにムラができる可能性もあります。
また、初めてワックスを塗る場合や、以前に塗ってから何年もたっている場合には重ね塗りするのがコツです。1回目の塗装が十分に乾燥してから2回目を塗ってください。重ね塗りをすることでワックスの効果を高めることができます。とはいえ、べたべたと大量に塗れば効果が出るというわけではありません。ワックスは薄く重ねて塗るのがコツなのです。

Q.ワックスフリーの床でもワックスを使って大丈夫でしょうか?
A.ワックスフリーの床であれば、基本的にワックスを使わないほうが賢明です。ワックスの代わりにフロアコーティングを使用しましょう。

Q.フロアコーティングとは何ですか?
A.ワックス同様、床の保護剤と考えてもらえば間違いありません。ワックスよりも高価な代わりにメンテナンス性が高く、床の保護性能も高いのが特徴です。また、ワックスに比べてさまざまな特性を持った製品が多いので、自分好みのものを見つけやすいのもメリットとして挙げられます。

Q.フローリング材によって滑りやすい・滑りにくいというのはあるのでしょうか?
A.もちろんあります。最近ではスリップケアという滑り防止機能を売りにしたフローリング材も多いので、いろいろと比較してみてください。

まとめ

今回は滑りやすいフローリングのデメリットや改善方法などに関する情報をご紹介しました。滑りやすいフローリングはケガの原因となり、日常生活にストレスを与えます。特に、ご高齢の方や小さな子供を抱える家庭ではとても重要な要素です。滑りやすいフローリングはワックスをかけるなどしてしっかりと対策しておきましょう。場合によってはフローリング材自体を変えるのも一つの手ですよ。ぜひ、今回の情報を有効活用してくださいね。