スレート屋根にはどのような特徴・メリット・デメリットがあるのか?

一軒家も日本風ではなく、新築はほとんどが洋風となりました。
どのようなデザイン・内装にしようか、外装はどのようなものを使おうか迷うことになりますが、洋風の屋根でよくみられるのが“スレート屋根”です。
カラーベストやコロニアル屋根などさまざまな呼び名があります。
スレート屋根とは何なのか、詳しくみていきましょう。
これから屋根の設置を考えている方やメンテナンスをしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

スレート屋根にはさまざまな種類がある

スレート屋根を簡単に説明すると、板状の薄いものを使った屋根のことです。
詳しくいえば、薄い板は粘土版岩を薄く延ばし、加工しています。
スレート屋根には含まれる素材によってさまざまな種類に分けることができ、種類によって特徴が違います。
大まかに種類を分けると「天然スレート」「石綿スレート」「無石綿スレート」「セメント系スレート」の4つです。
この中でも高級品として知られているのが「天然スレート」。
天然石を材料にして作られているのでデザイン性が優れていますが、日本ではあまり普及されていません。
費用が安く、セメント・石綿が混ざり合っている石綿スレートはアスベスト問題が挙げられたため、代わりとなる無石綿スレートがよく使用されているようです。
セメント系スレートはセメントを主に使っており、数年で色が落ちてしまうデメリットがあります。
それぞれの種類によって特徴を掴んでおくと選びやすくなるでしょう。

5つのメリットをご紹介!

スレート屋根のメリットは5つあります。
まず1つ目は「耐久性」ことです。
スレート屋根の種類によっては使い続けることで表面が劣化している様子がみられますが、中身はとても頑丈にできており、素材も強いので耐久性は高いです。

2つ目は、「耐熱性」です。
外から吸収するであろう熱をシャットアウトすることができ、非常に燃えにくい性質をもっています。

3つ目は「耐腐食性」です。
屋根は常に雨や風、汚れ、ホコリにさらせれており、とくに日本は湿気がひどいです。すぐに腐って錆びてしまう屋根が多いのですが、スレート屋根は腐りにくいのがメリットのひとつにもなっているのです。

4つ目は「経済性」。
瓦やほかの屋根と比べるとスレート屋根はとてもお手頃な値段です。

最後の5つ目は「デザイン性」です。
非常に施工やしやすい素材でできているため、いろんなカラーが揃っています。

スレート屋根にもデメリットがある

5つのメリット点を先ほどご紹介しましたが、スレート屋根にもデメリットはあります。
それは、“通気性”です。
スレート屋根はひとつひとつのスレートを重ねて構成していくため、どうしても通気性が低くなってしまいます。
とくに、屋根下地にかけての通気性が低くなっており、下地となっている構造用合板が腐敗しやすくなってしまうのです。
腐敗がどんどん進んでしまうとスレートを支える部分が弱くなり、ヒビが入ることになるので注意しておかなければなりません。
腐敗している部分をできるだけ早いうちに改善するためにも、定期的なメンテナンスが必要になります。

まとめ

洋風の家でよくみられるスレート屋根にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴があります。
そして、ぜひ知っておいてほしいのがスレート屋根のメリットとデメリットです。
メリットだけに目がいってしまいますが、デメリットも知っておくと長くキレイな状態のままスレート屋根を利用することができるのでぜひ知っておいてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!