2842e9e4-0cd1-4d69-b333-65399462e751

外壁のひび割れはどう補修する?放っておくと危険な理由

2842e9e4-0cd1-4d69-b333-65399462e751

外壁のひび割れは早めに補修する必要があります。
外壁のひび割れは「クラッチ」と呼ばれており、その原因はさまざま。
コーキングなどの外壁工事を行わずに放置すると雨もりなどを引き起こすことになるでしょう。
補修費用は一体どのくらいになるのか…とお悩みの人も多いはずです。

  • 外壁にひび割れが生じる原因を知りたい
  • ひび割れを放置するとどうなるのか?
  • ひび割れを補修する方法を知りたい

そんな疑問を解決するために、ぜひこの記事をお読みください。

1.ひび割れの原因

まず、外壁にひび割れが生じる原因について考えてみましょう。
外壁の種類別にご紹介します。

1-1.モルタル外壁の場合

モルタル外壁にひび割れが生じる場合、さまざまな原因が考えられます。
まずは、モルタルの乾燥不足。
そのほかにも、モルタル自体の収縮が原因の場合もあります。
セメントや砂、骨材、樹脂の配合バランスが悪いとひび割れが起こりやすくなるのです。
特に、セメントと砂の配合が適正であっても、水セメント比が大きいほど、乾燥収縮によるひび割れが発生しやすくなるでしょう。
モルタル外壁に発生するひび割れのほとんどが、モルタルの調合割合が原因になっているのです。
また、モルタル外壁は建物が動くことによって必ずひび割れが入ります。
わざと目地をとってそこで割れるようにしておくのが一般的な工法なのです。
しかし、窓下などに目地をとっていない場合は、ひび割れが生じやすくなるでしょう。

1-2.サイディング外壁の場合

サイディング外壁の場合、ひび割れの原因となるのはほとんど「目地シーリング」による傷みです。
新築時、サイディングボードを張り付ける工事の後、目地にシールを注入していきます。
このシールは、時間がたつとゴム状に固まってくるのです。
この部分に紫外線が直接当たることで劣化します。
特に、紫外線が強く当たる方角の外壁は、ひび割れが起こりやすくなるでしょう。
また、端部に釘(くぎ)を打っているためにひび割れてしまった例も少なくありません。

1-3.コンクリート外壁の場合

近くに国道や電車の線路がある場合、地震や台風によって建物に強い負荷がかかった場合などに、コンクリートがその力に耐えきれずひび割れを起こすことがあります。
また、外壁部分が乾燥することで収縮することも原因の1つでしょう。
ほかにも、湿気や水分をコンクリートが吸収したり乾燥したりすることも考えられます。

2.ひび割れを放置した場合のリスク

外壁のひび割れを放置した場合はどうなるのでしょうか。
小さなひびであれば「まだ大丈夫だろう」と思って放置する人も多いと思います。
しかし、ひび割れを放置しておくとそこから雨水が室内へ入り込むケースが多くなっているのです。
実は、外壁のひび割れからの雨もりは、戸建て住宅の不具合の中でも最も多いケース。
腐食がすすむと大がかりな修繕が必要になり、経済的にも負担が大きくなるでしょう。
コンクリート外壁の場合は、室内へ入り込むことはあまりありません。
しかし、鉄筋にサビが発生する可能性はあるでしょう。
鉄筋にサビが発生すると鉄筋が膨張し、周囲のコンクリートを押し上げてしまいます。
そして、コンクリートの剝落を引き起こしてしまうのです。

3.ひび割れの補修方法

外壁のひび割れは放置したままにすると大変危険なため、早めに補修が必要です。
原因や状態によって補修方法が異なるため、専門業者に依頼して調査してもらうことをおすすめします。

3-1.自分で補修する場合

やむを得ず自分で応急処置を行わなければならないこともあるでしょう。
その際は、まずひび割れの状態をよく確認してください。
ひび割れの幅が1mm以上あるものについては、外壁の下地や構造部分にも影響が出ている可能性があります。
そのため、自分で補修するのはおすすめできないでしょう。
ひび割れの幅が0.3mm以下のものについては、進行を防ぐために応急処置をしておくと安心です。
急いで補修をする必要はないでしょう。
応急処置の方法としては、セメントの粉をひび割れに塗布し、適量の水分を加えて粉を定着した状態にするものがあります。

3-2.業者に依頼するべきなのは?

外壁のひび割れは、埋めてしまえば補修できる場合と、埋めてもそこからまたひび割れが発生してしまう場合があります。
ひび割れの幅が小さく浅いのであれば、自分で補修することも可能でしょう。
しかし、ひび割れ場所がまだ動いている最中であれば上から塗って隠しても、後々そこからまたひび割れてしまうのです。
その場合は、業者に依頼して補修してもらうのが一番でしょう。
いずれにしても、自分で見極めるのは困難です。
信頼のおける業者に相談してみることをおすすめします。

3-3.補修方法

基本的には大きく分けて、2種類の補修方法があります。
まずは、ひび割れを補修してから上に塗装する方法。
ひび割れの線に沿って電動工具で溝を掘り、シーリング材で埋めます。
そして、フィラーを塗り付け、凹凸の処理をしてから塗料を塗布していくことになるでしょう。
この方法だと見た目はキレイに直ります。
ただし、その後ひび割れてくるかどうかは、上に塗る塗料と補修する人の腕にかかっているでしょう。
もう1つが、ひび割れの動きに追従する塗料を使用する方法です。
ひび割れが経年とともに動いても、その動きに追従する「弾性塗料」というものがあります。
万が一またひび割れが起こったとしても、塗料が伸びてその動きに追従するため、ひびが入らないのです。
弾性塗料にもさまざまな種類のものがあるため、その業者がどのようなものを使っているのか、事前に質問してみることをおすすめします。

4.工事費用と注意点

外壁のひび割れ補修を業者に依頼した場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
業者に依頼する際の注意点とともにご紹介します。

4-1.ひび割れの状態によって変わる費用

外壁のひび割れを放置しておくと生活に影響が出てしまう場合もあります。
早期の補修が必要ですが「費用が気になって…」という人も多いでしょう。
もちろん業者によって差はありますがひび割れを直すだけの簡単な補修であれば数万円で済みます。
家全体のコーキングを交換する場合、費用の相場は20~35万円。
足場を組むことになるとその工事費に10~15万円ほど必要になるでしょう。

4-2.業者に依頼する際の注意点

ひび割れの補修を業者に依頼する際は、いくつか注意が必要です。
まず、見積もりをきちんと出してもらいましょう。
同じ工事内容でも、業者によって費用はまちまちです。
事前に複数の業者に見積もりを依頼し、比較してから決めることをおすすめします。
また、補修後に問題があったとき、フォローをしてくれるかどうかも確認しておきましょう。
アフターフォローがしっかりしている業者だと安心です。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
外壁にひび割れを発見したら、早めに対処法を考えなければなりません。
自分で補修可能なのか、業者に依頼するべきなのかを考え、ベストな方法で補修してください。
外壁のひび割れは建物の寿命を縮める原因になります。
素早く判断することが大切なのです。