家を建てる時の注意点は? 満足できる家を建てる3つのポイント

夢のマイホームを建てることになったら・・・家族全員がウキウキになるはず! どんな間取りにしようか、バルコニーは、自分の部屋は・・・と、建てた後の楽しみがたくさんあるのがマイホームづくりです。しかし、新築一戸建てを建てる時はやることもいっぱい! はじめて家を建てる場合は「何から手をつけたらいいの??」と迷うこともたくさんあります。

無計画に家づくりを進めるとトラブルの元になるので要注意です。家を建てる時は以下のポイントを押さえて、正しい手順で進めていきましょう。

  1.  資金計画をしっかりと
  2. トラブルにならないための予防を
  3. 間取りを決める時は「収納」の確保を!

1.資金計画をしっかりと

家を建てる時に一番大切な「資金計画」。頭金はいくら必要になるのか、月々の返済はいくらまで可能か、引っ越し費用は・・・などなど、新築一戸建てを建てる時は実に様々なお金が必要になります。頭金や月々の返済などは誰でも計画を立てますよね。

忘れがちなのは引越した後の費用です。家を建てる時は「家を建てる費用」だけでなく、固定資産税などの「税金」、引っ越した後のインテリアを整える費用などが必要です。特にカーテンや照明などを後からつける場合はかなり資金が必要です! 各部屋に遮光カーテンをつけて、こだわりの照明を選んで・・・となると、10万円は軽く超えます。

私が家を建てたときはカーテンだけで数十万円かかりました。引越した後も何かとお金がかかるのが新築一戸建てです。資金は細かいところまで確保しておきましょう。

2.トラブルにならないための予防を

新築一戸建てで多いのが、施工後のトラブル。施工後のトラブルは「お金の問題」と「工事の内容」がほとんどです。

例えば
お金の問題

  • すべて金額内に含まれていると思っていたが、オプションだった
  • キャンペーン価格が適用されない
  • 追加料金が発生している

工事の内容

  • 完成後に欠陥が見つかったが補修してくれない
  • 契約後に図面が書き換えられている
  • 何も決まっていないのに契約を迫られる

これらのトラブルを防ぐためには、信用できる業者と出会うことと、話し合った内容を書きとめておくのがイチバンです。

何でも話し合える業者と出会うのは非常に大切です。ちょっとしたことでも「これは料金に含まれるのか?」「契約と違わないか?」など確認しやすい環境で工事をすすめられます。

細かいことまできちんと報告してくれて、何でも話し合える。そんな工務店を探しましょう。

3.間取りを決める時は「収納」の確保を!

家を建てる時の最大の楽しみと言ってもいいのが間取りではないでしょうか。家族がいる方は、空間をどのように活用するのかが悩みどころでもあります。しかし、多くの人が「部屋の割り振り」や「玄関の吹き抜け」に気をとられがちになり、収納スペースの確保を怠りがちです。

間取り決めの際、収納スペースはかなり重要なポイント! 収納スペースが少ないと、かなり不便な新生活になってしまいます。業者の方にまかせっきりにせず、自分の希望を言っていきましょう。「こんなに収納スペースがあっても使わないんじゃ??」と思うぐらいでちょうどよいです。

特に注意してほしいのはキッチン・お風呂まわりの収納ですね。キッチンは頭上に収納を作る人も多いですが、背の低い女性には使いづらく、結局使わないというケースも良くあります。
私が家を建てたときも頭上の収納を確保していましたが、結局使うことなく新たに収納場所を作りました。

収納はスペースだけでなく、その人の身長や過ごし方にまで関係してきます。細かい収納場所まできっちりと、自分の希望通りになるように話し合いを重ねましょう。

家を建てる時の注意点まとめ

  • 資金計画は引越した後のランニングコストやインテリア代も含めて計画する
  • トラブルの無いよう、信頼できる業者を探す
  • 間取りを決める時は収納スペースの確保を忘れずに!

家を建てるときは、建てた後の楽しみばかり考えて、浮足立ってしまいがち。楽しい気分の中でも、注意点だけはしっかり押さえておきましょう。資金計画はしっかり立ててるよ! という人も、もう一度見直してみるのがおすすめ。

最初は見えてこなかった必要経費を思い出したりするものです。そして、信頼できる業者が見つかったら、収納スペースをたっぷりとった間取りを家族全員で考えましょう。住み始めてから「やっぱりああしとけばよかった・・・」という後悔がないように! 家づくりは慎重に進めてくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!