外壁塗装にも種類がある!メリットやデメリットを比較して選ぼう!

「外壁塗装の種類を知りたい」「どのように選べばよいのか?」とお悩みではありませんか? 外壁塗装に使用する塗料や工法・外壁材にはいくつか種類があり、自分の家に合ったものを選ぶことが大切です。外壁は家の印象を大きく左右する重要なものなので、慎重に決めなければなりません。この記事では、外壁塗装の重要性や塗料・工法・外壁材の種類、選び方のポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 外壁塗装の重要性について
  2. 塗料の種類と特徴
  3. 外壁塗装の工法について
  4. 塗装に使われる外壁材とそれぞれのメリット・デメリット
  5. 塗料選びのポイントは?
  6. 塗装業者を選ぶ際の注意点
  7. 外壁塗装に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装の種類や費用・塗装業者を選ぶ際のポイントなども分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.外壁塗装の重要性について

まずは、外壁塗装の必要性や重要性・知っておくべき塗装の種類についてまとめました。

1-1.美観を保ち、家の寿命を延ばす

外壁塗装には、外観を美しくするだけでなく、家の寿命を延ばすという重要な役割があります。常に雨風や紫外線のダメージを受け続けている外壁は、少しずつ防水性を失い、建物を保護する力が低下しているのです。何年も放置すると、雨水が建物内部に浸入したり下地の腐敗を引き起こしたりして、家の寿命を縮めることになってしまいます。そこで、定期的に塗り替えをすることで防水効果を回復させ、家を劣化から守ることが重要なのです。

1-2.知っておくべき3つの種類

外壁塗装をするにあたって、いくつか種類があることを知っておきましょう。まずは、使用する塗料です。塗料によって耐用年数や価格が大きく変わってくるため、特に慎重に選ぶ必要があります。そのほかにも、塗装の工法や使用する外壁材などにも種類があるため、それぞれの特徴やメリットを理解しておくとよいでしょう。次項で詳しくご紹介するので参考にしてください。

2.塗料の主な種類と特徴

塗料の種類とそれぞれのメリット・デメリット、耐用年数についてまとめました。

2-1.アクリル系塗料

耐用年数は4~7年と比較的短く、耐久性に劣ります。単価は安いが、現在はほとんど使われていない塗料です。「短いサイクルで安価で塗り替えをしたい」という人は、利用してみるとよいでしょう。

2-2.ウレタン系塗料

耐用年数は6~10年で、価格と性能のバランスがよく、シリコン系塗料の次によく使用されている塗料です。柔らかく弾力性があるため、DIYで部分的な塗装をする際に選ばれることが多くなっています。

2-3.シリコン系塗料

現在最も多く使われている塗料です。耐用年数は8~15年と長く、汚れや色落ちに強いという特徴があります。塗料選びで迷ったときはシリコンを選ぶのがおすすめです。

2-4.ラジカル系塗料

2015年に発売された新しい塗料で、耐用年数は8~15年と比較的長くなっています。太陽光による劣化を防ぐことができるため、暑い地域や降水量の多い地域で使われることが多い塗料です。「初期費用が高くても、よい塗料を選びたい」という人におすすめします。

2-5.フッ素系塗料

耐用年数が15~20年と長い分、価格も高いのが特徴です。商業施設やビルなどで多く使用されていますが、最近は一般住宅にも使われることが多くなりました。「できるだけ塗り替えの回数を減らしたい」という人におすすめです。

2-6.遮熱系塗料

耐用年数は15~20年と長いのが特徴です。太陽光を反射して室内の温度上昇を抑制できるため、省エネやエコに興味がある人におすすめします。自治体によっては補助金の対象になるため、調べてみるとよいでしょう。

3.外壁塗装の工法について

次に、外壁塗装に用いられる工法についてご紹介します。

3-1.主な3つの塗装工法

塗装工法には、「はけ工法」「ローラー工法」「吹き付け工法」の3つがあります。「はけ工法」とは小さな筆を使って塗装する工法で、細かい部分の塗装に必要です。広い面積を一気に塗装する際は、ローラーを転がしながら塗装する「ローラー工法」か、塗料を機械に入れて吹き付ける「吹き付け工法」が用いられます。

3-2.塗装とカバー工法・張り替えについて

塗装以外にも、できあがっている外壁材を上から張り付ける「カバー工法」や、既存の外壁を撤去して新しい外壁に張り替える「張り替え」という方法があります。塗装の場合は、下塗り・中塗り・上塗りと合計3回塗る必要があるため、工事期間が長くなるのがデメリットです。その点、カバー工法の場合はできあがっているものを張り付けるだけなので、工事期間を短くすることができます。また、外壁が劣化していてカバー工法を行えるだけの強度がない場合などは、張り替えが必要になるでしょう。

4.塗装に使われる外壁材とそれぞれのメリット・デメリット

外壁塗装に使われる外壁材にも、いくつか種類があります。それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

  • モルタル:セメントに砂と水を混ぜ合わせたもので、味わいと質感のよさが特徴。その反面、汚れが目立ちやすい・ひび割れがおこりやすいのがデメリット
  • サイディング:材質によって窯業系・金属系・木質系・樹脂系などに分けられる。性能や価格・デザインのバリエーションが豊富。軽量で耐久性にすぐれているが、コーキングの劣化が目立ちやすく、熱を吸収しやすい
  • ALCボード:コンクリートを軽量化したもの。断熱性・遮音性にすぐれている反面、水に弱い

5.塗料選びのポイントは?

外壁塗装に使用する塗料を選ぶ際のポイントや価格についてご紹介します。

5-1.塗装する場所や目的に合わせて選ぶ

塗料を選ぶ際は、塗装する場所や範囲・目的に合っているか考える必要があります。どの部分をどのくらい塗装したいのか、どんな機能がある塗料を使用したいのかを業者にしっかり伝え、塗料のグレードや色も相談しながら決めていくのがおすすめです。特に外壁の色は、家の印象を大きく左右します。「実際に塗装してみたらイメージと違った」ということもあるため、事前の打ち合わせでしっかり確認しておきましょう。また、塗料の耐久性についてもきちんと把握しておいてください。低予算に抑えて短いサイクルで塗り替えをしたいのか、初期費用がかかってもよいので塗り替え回数を少なくしたいのかも、重要なポイントになります。

5-2.塗料ごとの価格相場は?

塗料の種類ごとの価格相場をまとめました。建坪(たてつぼ)30坪だと、以下のような価格が目安になります。
  • アクリル系塗料:12~24万円
  • ウレタン系塗料:20~24万円
  • シリコン系塗料:30~42万円
  • フッ素系塗料:42~53万円
  • 遮熱系塗料:60~65万円

6.塗装業者を選ぶ際の注意点

外壁塗装業者を選ぶ際のポイントや注意点をまとめました。

6-1.業者選びのポイントは?

業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • ホームページに施工実績を掲載しているか
  • 塗装技能士や建設業許可の資格を保有しているか
  • 建設工事保険や請負業者賠償責任保険に加入しているか
  • 自社施工管理か
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書に「塗装一式」など、不明確な項目はないか
  • アフターフォローはしっかりしているか

6-2.悪徳業者に注意!

外壁塗装工事の費用には人件費や足場の設置・解体費用なども含まれるため、相場がはっきりと決まっていません。そのため、実際にかかった費用よりも高額な費用を請求してくるような悪徳業者も存在しているのです。特に、突然訪問してきて不安をあおり、外壁塗装をすすめてくる業者は、絶対に利用しないほうがよいでしょう。「今契約すれば大幅に値下げする」などの誘い文句には、決して乗らないようにしてください。

7.外壁塗装に関するよくある質問

「外壁塗装を検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.外壁塗装に適しているのはどの季節ですか?
A.基本的に外壁塗装は一年中可能ですが、夏や冬は気温が塗料の乾燥に影響しがちなため、比較的気候が安定している春や秋がベストシーズンといわれています。ただし、台風シーズンや梅雨時期に重ならないようにしましょう。

Q.外壁の色選びでよくある失敗はどのようなものですか?
A.「完成したらイメージと違った」「近隣の家や街並みと調和しなかった」「汚れが目立ちやすい色だった」などの失敗例が多くなっています。

Q.どのような症状が出たら、外壁塗装を検討するべきですか?
A.ひび割れや塗料のはがれ・浮きなどがある、カビやコケ・サビが発生している、触ると手に白い粉が付くなどの症状が気になるようになったら、検討すべきでしょう。

Q.塗料のにおいが心配です。においの少ない塗料もありますか?
A.比較的においが少ない水性塗料を使用するのがおすすめです。水性塗料での塗装が可能か、事前に業者に確認しておきましょう。

Q.外壁塗装に使われる塗料は、どこのメーカーのものですか?
A.日本ペイント・関西ペイント・エスケー化研の3社が、国内シェアの9割を占めています。

まとめ

いかがでしたか? 外壁塗装に使用する塗料や工法・外壁材などの種類について、詳しくご紹介しました。外壁塗装を依頼するにあたって「業者に任せている」という人も多い思います。しかし、後悔することなく理想の外壁に仕上げるためには、外壁塗装の種類やそれぞれのメリット・デメリットなどを把握しておくことが大切です。ぜひこの記事を参考にして、満足できる外壁塗装をしてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!