飲食店のリフォームをしたい人必見!店舗改装に失敗しないコツとは?

そろそろ飲食店のリフォームを考えている人は、どんなデザインにするかで悩むことも多いでしょう。飲食店は、リフォームの内容しだいで客足に影響が出ることも事実です。リフォームが成功した場合、客足が伸びて売り上げがアップすることも期待できるでしょう。今回は、飲食店のリフォームをしたい人のために、リフォームにかんする知識や店舗改装に失敗しないコツなどを解説します。

飲食店のリフォームに興味がある人や、実際にリフォームの予定がある人は、ぜひ読んでください。まずは、リフォームに必要な知識を知ることが大切です。記事を繰り返して読むことで、飲食店のリフォームで満足するために必要な知識を身に付けることができますよ。

1.飲食店の店舗デザインについて学ぼう

まずは、飲食店の店舗デザインの基本を学びましょう。飲食店ならではのポイントについて、しっかり理解してください。

1-1.店舗デザインとは

店舗デザインとは、客に何らかのサービスを提供するために考えた外装および内装デザインのことを言います。店舗デザインの種類は、業種やターゲットとなる客層によってさまざまです。また、流行(りゅうこう)によって定期的に店舗デザインを変えることで常に客に新鮮な印象を与えることも可能になります。店舗デザインが優れていることは、業績を高めるためにも必要なことだと覚えておきましょう。

1-2.飲食店の店舗デザインのポイント

飲食店の店舗デザインは、以下のポイントに従って考えましょう。

  • 理想の店舗イメージを実現すること
  • ターゲット層に合ったデザインで集客効果を高めること
  • 店舗内の動線を確保すること
  • 客のリピート率を高めるために居心地にもこだわること

もちろん、予算によっては妥協する点も出てくることでしょう。しかし、最初に店舗デザインを考える段階では、理想のリフォーム状況を細かく考えておくことが大切です。

1-3.飲食店の店舗デザインの重要性

自分が飲食店に入るとき、どんな点をチェックしているか考えてみてください。店舗デザインは、少なからず店選びの基準となっているはずです。飲食店にとっては、店舗デザインの良さは来客数やリピート数に大きくかかわります。主な客層に合った店舗デザインにすることは、飲食店にとって繁盛のためのカギになるのだと考えましょう。

1-4.飲食店の店舗デザインと一般住宅の設計の違い

飲食店の店舗デザインと一般住宅の設計には、さまざまな違いがあります。一般住宅の設計と比較したとき、飲食店の店舗デザインには以下のような特徴があることを理解してください。

  • 調理場と飲食スペースがあること
  • 飲食の提供を考えたデザインであること
  • 集客の良さを考えたデザインであること

一般住宅では、飲食の提供を考えて設計を行うことはしません。飲食店の店舗デザインと一般住宅の設計は、まったく違うものなのです。

2.飲食店のリフォームについて解説

では、飲食店のリフォームについて詳しく解説をしていきます。リフォームのタイミングや目的、居抜き物件の利用などについても学んでください。

2-1.リフォームのタイミングはいつがいい?

さて、飲食店のリフォームのタイミングはいつがいいのでしょうか。下記に、飲食店のリフォームを考えるべきタイミングの例をご紹介しますので参考にしてください。

  • 店舗のイメージを変えたいとき
  • 設備が古くなってきたとき
  • 来客アップを望みたいとき

飲食店は、清潔感も命です。設備が古くなると、清潔感を保つにも苦労します。また、飲食店では調理設備の使い勝手も大切なポイントです。経年変化により使い勝手が悪くなってきたと感じたときは、リフォームのタイミングが来たと考えてください。

2-2.飲食店のリニューアルや店舗改装の目的

飲食店のリニューアルや店舗改装の目的は、主に以下のようなものとなります。

  • 店舗のイメージアップを図るため
  • 店舗を使いやすく改造するため
  • 来客数アップ・売り上げアップのため

飲食店は、飲食サービスを提供することで利益を上げる必要があります。リニューアルや店舗改装は、最終的には来客数や売上金額を上げるために行うのだと覚えておきましょう。

2-3.居抜き物件について学ぼう

飲食店のリフォームを考えるとき、大幅に変更をするためには費用が高くなります。たとえば、居抜き物件を利用することでリフォーム費用を抑えることができる場合もあるでしょう。居抜き物件とは、以前に飲食店を営業していた物件で当時の設備をそのまま利用できる状態にあるものです。調理設備は飲食店にとって必要不可欠なものですが、新品を導入すると高価な点が気になります。しかし、居抜き物件を利用することによって調理設備だけでなく、店内の設備やインテリアを有効活用することも可能になるのです。気になる居抜き物件をみつけた場合は、理想とする飲食店のリフォームが可能かどうか検討してみてください。

2-4.飲食店のリフォームで変えることができるもの

飲食店のリフォームで変えることができるものには、以下のようなものがあります。

  • 店舗の外装デザイン
  • 店舗の内装デザイン
  • 調理設備店舗内設備(カウンター・テーブル・イス・ソファーなど)
  • そのほかインテリア小物の交換など

場合によっては、すべてのリフォームを行う必要はありません。内装デザインを変更しても、現在の店舗内設備をそのまま活用することもできます。理想の店舗リフォームを実現するためには、最低限何を変えるべきかじっくり考えてください。

3.飲食店のリフォームのコツやポイントを伝授

飲食店のリフォームで成功するには、さまざまなコツやポイントがあります。ここでは、リフォームの成功のために必要なことを学びましょう。

3-1.リフォームのコンセプト決めをしよう

飲食店のリフォームは、コンセプトをしっかり決めることが大切です。コンセプトがぶれていると、仕上がりに納得がいきません。たくさんのリフォーム事例を参考にして、自分が満足のいくコンセプトを考えてください。自分ひとりではよくわからないのなら、書籍を参考にしても良いでしょう。また、飲食店の店舗リフォームに詳しい業者に相談するのもおすすめです。

3-2.一般住宅のリフォームとの違いを理解しよう

飲食店のリフォームは、一般住宅のリフォームと異なる点があります。具体的には、下記をご覧ください。

  • 一般住宅のリフォームは生活向上が目的だが飲食店のリフォームは利益の向上が目的
  • 飲食店のリフォームは一般住宅のリフォームよりもバリエーションが豊富

飲食店は、あくまでも利益を追求することが最終目的となります。生活の場である一般住宅のリフォームとは、性質が違うことを理解しておきましょう。

3-3.飲食店のリフォームにはどんな例があるか

飲食店のリフォームには、どんな例があるのでしょう。たとえば、以下のような事例を参考にしてください。

  • 創業以来改装しなかったが心機一転のために全面改装を行った
  • 調理設備が古くなって使いづらいので最新のものに入れ替えた
  • 店内イメージを大幅に変えるために内装デザイン変更をした
  • 客が使いやすいテーブルとイスに変更した
  • 居心地の良さを高めるために空調設備を新規に導入した

飲食店も長く経営をしていると、現状では物足りないと感じることがよくあります。飲食店のリフォームは、部分的なものから大掛かりなものまであらゆる不満を解消するために有効な手段なのです。

3-4.飲食店ならではのリフォームのコツやポイント

飲食店ならではのリフォームのコツやポイントについては、下記をご覧ください。

  • メインターゲットとなる客層に合った店舗デザインになっているか
  • 食べ物や飲み物を運ぶときの動線は確保できているか
  • 調理設備の配置は使いやすくなっているか
  • 飲食に適したテーブルやイスを選んでいるか
  • 客にとって居心地の良い空間になっているか
  • トイレの配置などに不都合は無いか

飲食店は、店舗デザインも重要です。しかし、実際に飲食を提供するときの動線や客の居心地の良さを考えたリフォームをしてください。

3-5.飲食店をリフォームするときの注意点

飲食店をリフォームするときには、休業期間が出ることが多くなります。休業期間には営業ができませんから、無収入となることを理解しておきましょう。また、飲食店のリフォームでは騒音や埃(ほこり)などでご近所に迷惑がかかる可能性があります。リフォーム前には、工事期間と内容を前もって通知することを忘れないように注意しましょう。

4.飲食店のリフォームの流れを理解しよう

飲食店のリフォームの流れを理解しておくことも大切です。ここでは、リフォームの流れだけでなく工期や予算についても解説しましょう。

4-1.飲食店のリフォームはどこに発注する?

飲食店のリフォームは、リフォーム業者や工務店に発注することになります。このとき注意したいのは、飲食店のリフォーム実績が豊富な業者を選ぶことです。有名な業者であっても、飲食店のリフォーム実績が乏しいこともあります。実績が豊富な業者を選ぶことは、リフォームの仕上がりに大きく影響しますので頭に入れておきましょう。

4-2.飲食店のリフォームの流れを具体的に解説

飲食店のリフォームの流れについては、以下を参考にしてください。

  1. リフォームコンセプトを決める
  2. 業者にリフォーム工事の見積もり依頼をする
  3. 業者が現地視察をして見積もりを出す
  4. 見積もりの内容に合意した場合に正式契約をする
  5. リフォーム工事が始まる
  6. リフォーム工事の終了後依頼者が内容をチェックする
  7. 問題が無い場合はリフォーム工事が完了する

実際には、リフォーム工事中に何度か業者から確認が入ることもあります。リフォーム工事は、実際にやってみてわかることもあるからですね。また、リフォーム工事中は依頼どおりに工事が進んでいるかについて、依頼者としてできるだけチェックしてください。

4-3.飲食店のリフォームの工期目安は?

飲食店のリフォームに必要な工期の目安は、大掛かりなもので1か月から2か月程度、部分的なもので数日程度を見ておきましょう。実際の工期がどのくらい必要かについては、リフォームの内容によって左右します。業者に見積もりをもらう段階で、工期の目安についても確認しておきましょう。

4-4.飲食店のリフォームにかかる費用について

飲食店のリフォームにかかる費用については、大体の目安として以下を参考にしてください。

  • 内装工事だけの場合:坪単価30万円から50万円程度
  • 外装工事だけの場合:数十万から200万円程度
  • 調理設備の交換:数十万から数百万円程度
  • 店内設備・インテリアの交換:数万円から数十万円程度

このほかにも、電気工事や水道工事・ガス工事が必要になることもあります。飲食店は、ほかの業種よりも工事の種類が多いためリフォーム費用も高めに見積もっておくと良いでしょう。

5.飲食店の設計を業者に依頼するとき

飲食店の設計を業者に依頼するときには、いくつかの注意点があります。ここでは、どんな点に注意して設計を依頼するべきか学んでください。

5-1.専門業者・プロならではのメリットとは

飲食店の設計を専門業者・プロに頼むことは、たくさんのメリットがあります。

  • 豊富な実績を持っているので安心して依頼できる
  • 豊富な施工例から店舗設計のヒントをもらうことができる
  • 理想のイメージに近い店舗デザインを実現してくれる
  • 問題部分があれば的確な指摘をしてもらえる
  • 専門業者・プロならではの行き届いたサービスを受けることができる

5-2.飲食店の設計を業者に依頼するコツ

飲食店の設計を業者に依頼するには、いくつかのコツがあります。

  • 自分が理想とする飲食店のイメージを具体的に示すこと
  • 業者から豊富な施工例を示してもらって検討すること
  • 店舗物件の視察を兼ねて現地での打ち合わせを行うこと
  • できるだけ予算内で設計してもらうこと
  • 予算をオーバーするときには明確な理由を説明してもらうこと
  • できるだけ希望の工期を実現してもらうこと

業者は、飲食店のリフォームにかんするプロです。プロの意見に耳を傾けることも忘れないようにしましょう。自分の理想に近い仕上がりにしたいのなら、業者ととことん打ち合わせをして、疑問点は不安点を無くした状態で工事を始めてください。

5-3.こんな業者トラブルに注意しよう

飲食店のリフォームを依頼するときには、下記のような業者トラブルに注意してください。

  • 見積もりのときより費用が大幅に高くなった
  • イメージとまったく異なる仕上がりになった
  • 業者が依頼内容と異なる工事を行った
  • 工期が大幅に遅れて営業再開が遅くなった
  • 工事中に作業員の態度が悪くて近所から苦情が来た

いずれの業者トラブルも、業者選びで失敗することが大きな原因となります。思わぬ業者トラブルに遭わないためにも、信頼できる業者を選びましょう。

6.飲食店のリフォームや店舗改装でよくある質問

飲食店のリフォームや店舗改装には、何かと不安や疑問が付きものです。ここでは、飲食店のリフォームや店舗改装にかんするよくある質問に回答しますから、参考にしてくださいね。

6-1.最新の設備を導入したいけど予算が足りない場合のアイデアは?

飲食店の調理設備は、最新のものを新品で揃(そろ)えると高く付くことは否定できません。しかし、新品にこだわりが無い場合は、中古の調理設備を購入することで予算を抑えることができます。今は、中古の調理設備を専門に扱う業者もいるので探してみてください。また、すべてを中古にしなくても一部だけ中古にするという方法もあります。予算内で最新の設備を導入したいけど予算が足りなくて困っている人は、検討してみてください。

6-2.学生向けの飲食店をビジネスマン向けにリフォームしたいときに気を付けることは?

学生向けの飲食店は、カジュアルな店舗デザインで気楽さをイメージするものだったはずです。しかし、ビジネスマン向けとなると学生向けのデザインではいけません。学生と違い、ビジネスマンは仕事の間に立ち寄ることを考えてリフォームしてください。たとえば、店内で簡単な仕事ができるように電源を各所に配置することも考えましょう。照明を明るめにしたり広めのテーブルを配置したりすることも、ビジネスマンの集客に効果的です。

6-3.飲食店の店舗改装中にできる営業活動は何がありますか?

飲食店のリフォームでも、店内を改装中には当然ながら休業となることでしょう。休業期間が短い場合は、問題ありません。しかし、1週間以上休業する場合は、暇になることもあります。せっかくの休業ですが、料理の腕を磨いたりライバル店に足を運んだりして飲食店としてのレベルアップに励みましょう。また、普段は店舗運営で忙しいために常連客へのアフターフォローの時間を取ることもままならないはずです。休業中に常連客に対してDMを送ってみたり、近所に店舗リフォームのお知らせを配ったりするなどいろいろとやってみてください。

6-4.店舗リフォームの仕上がりが気に入らない場合はやり直すことができますか?

内容によっては、やり直しも可能です。まずは、気に入らない点を具体的にリストアップしてください。そして、なぜ気に入らないのか考えてみましょう。やり直しをしてまた気に入らないことになっては、困ります。ただし、仕上がりが気に入らなくても業者に落ち度が無い場合は、費用は依頼者持ちとなりますので注意してください。完成してからのやり直しは、依頼者と業者の双方にとって大きな負担となります。完成後に不満を残さないためには、リフォーム前の打ち合わせをしっかり行うことと工事中の視察が必要です。

6-5.飲食店のリフォーム工事には保証サービスがあるのでしょうか?

信頼のできる業者の場合、店舗改装やリフォーム後にもアフターフォローがしっかりしていることが特徴です。通常の使用状況で何らかの不満や不備があった場合は、業者によっては保証サービスで対応できることもあります。ただし、内容によっては有料対応となることは理解しておきましょう。いずれにしても、業者にリフォームを依頼するときには、保証サービスなどのアフターフォローもチェックすることが大切です。

まとめ

飲食店のリフォームで成功するためには、しっかりと基本を学ぶことが大切です。飲食店のリフォームで失敗しないためにも、記事を何度も読んで必要な知識を頭に入れておきましょう。特に、最初にきちんとコンセプトを決めることに集中してください。コンセプトが決まっているからこそ、リフォームも成功するのです。また、飲食店のリフォームに詳しい業者に店舗改装を依頼することも忘れないでくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!