「 トラブル解消 」一覧

「家が傾いているかも?」と不安に感じたときは、できるだけ早めに原因をハッキリさせて対処しなければなりません。家が傾いていると、さまざまなデメリットや危険が生まれるからです。安心して生活を続けることができなくなるでしょう。不安なまま過ごすよりも原因をハッキリさせたほうが安心できますが、どうやって調査すればいいのか、どこに依頼すればいいのか分からない方が多いはずです。

そこで、本記事では、家の傾きをチェックする方法などについて解説します。

  1. 家の傾きを放置するデメリット
  2. 家の傾きの原因は?
  3. 家の傾きをチェックする方法
  4. 家の傾きを補強する方法は?
  5. 家の傾きに関してよくある質問

この記事を読むことで、家の傾きを放置する危険性や対処法などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.家の傾きを放置するデメリット

まずは、家の傾きを放置するデメリットをチェックしておきましょう。

1-1.家全体のねじれやゆがみが生じる

家の傾きを放置するのは非常に危険です。放置するほど、ますます家が傾いてしまうことになります。柱や床下だけにとどまらず、最終的には家全体のねじれやゆがみが生じることになるのです。目に見えないところでどんどん傾いてしまい、重大な構造上の問題を引き起こす結果になってしまいます。実際に、傾きの症状や原因によって深刻な問題であるケースは多いのですが、それほど大した問題でないケースもあるのです。しばらく様子を見て大きな変化がないなら問題はありませんが、素人では判断しづらいところがあります。また、重要な問題が発生していた場合、早急に対処しなければなりません。家の傾きは危険な兆候の可能性があることを認識しておく必要があります。

1-2.地震や台風で多大な被害を受けるリスクが高まる

家の傾きを放置することで、地震の揺れや台風の強い風で多大な被害を受けるリスクが高まります。特に、近年の日本は大阪府北部地震など大きめの地震がいつどこで起きるか分かりません。傾きがひどくなるほど揺れに弱い建物になってしまうため、安心して生活できなくなってしまいます。また、床や壁に傾きがある場合、床に置く家具や家電も不安定になりがちです。地震で倒れてしまい、ケガをするリスクも高まるでしょう。

1-3.ほかにもさまざまなデメリットが……

家の傾きを放置することで、ほかにも以下のようなデメリットが生まれます。

  • 丸いものが転がりやすくなる
  • カギがかかりにくい
  • ドアが自動開閉になる
  • 床がきしむ
  • 雨どいが機能しない
  • リフォームがしにくくなる
  • 家の耐震性が低下する
  • 小さい地震でも家が揺れやすくなる
  • めまいや頭痛がする
  • 肩こり・腰痛がなかなか治らない
  • 平衡感覚が狂う

家自体のデメリットだけでなく、平衡感覚が狂ったり体調不良になりやすくなったりするなどの被害も起こりやすくなります。生活にも支障をきたす恐れがあるからこそ、早めに原因を突き止めなければなりません。

2.家の傾きの原因は?

それでは、家の傾きは何が原因なのでしょうか。主な原因をいくつかピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

2-1.地震による液状化

最近、増えているのが地震による液状化で家が傾くことです。特に、埋め立て地など地盤が弱い地域で大地震が発生すると、液状化現象によって地盤内の水分が流出し地盤沈下が起こります。液状化現象とは、砂と水が多い地盤が揺れると発生する水が吹き出してしまう現象のことです。建物が建っている地盤で液状化現象が起きると、家が傾きながらどんどん地盤も沈んでいきます。家の重量によって地盤そのものが変形している証拠です。

2-2.シロアリによる構造部の食害

木材建築に多いのが、シロアリによる構造物の食害で家が傾くことです。シロアリは木材を食べる傾向があるため、大量発生すると柱や梁などの構造部を食い荒らしてしまいます。その結果、建物の重量が支えられなくなり、家が傾いてしまうのです。また、シロアリは湿気が多い場所を好んで住みつくため、床下に大量発生しやすくなります。いつの間にか、見えない場所が食べ尽くされていたり、腐敗したりする恐れがあるため、定期的な点検が必要になるでしょう。

2-3.施工不良で傾くこともある

地盤沈下やシロアリの被害だけでなく、業者による施工不良で家が傾き始めることもあります。たとえば、施工時の基礎工事が不十分だと建物の重量が支えきれなくなり、数年で建物が傾き始めるのです。柱と梁の接合部分に十分な強度の部品が使われていなかった場合も、家が傾く原因となります。また、設計時に柱の位置や本数が屋根の重さとバランスが合っていないケースも、傾いてしまうので実績がない施工業者とのトラブルが相次いでいるのです。施工不良による家の傾きは結構多いので、建物を建てたりリフォームしたりする場合は信頼できる業者に依頼することが大切なポイントとなります。

3.家の傾きをチェックする方法

ここでは、家の傾きをチェックする方法を紹介します。

3-1.亀裂がひび割れが起きていないか

家の傾きをチェックする方法として簡単にできるのが、亀裂やひび割れが起きていないかどうかです。傾いている家には、外壁や基礎部分に亀裂またはひび割れが起きている共通点があります。たとえば、玄関口の土間・浴室のタイル目地にひび割れが起きているなどです。目地にひび割れが起きていると、割れ目から湿気や水分が入り込み木材が腐敗する恐れがあります。さらに、柱や梁の腐敗が進み、家の傾きが進行してしまうのです。特に、内部に発生するカビには十分に注意しなければなりません。

3-2.玄関ポーチの基礎・窓やドアの開閉トラブル

家が傾き始めると、玄関ポーチの基礎や窓・ドアの開閉トラブルが起きやすくなります。目視で確認できる範囲で構いませんが、家の基礎と玄関ポーチの境目にひび割れが起きていないかチェックしてください。基礎とポーチが離れている場合、ひび割れが原因で家の傾きが起きている可能性があります。また、家が傾いていると窓やドアの開閉がしにくくなったり、半開きのドアが自動的に開いたり閉まったりする現象も起きやすくなるのです。窓からはすき間風が入りやすくなったり、カギを閉めようとしても締めにくくなったりします。不具合が起きていないか隅々までチェックしましょう。

3-3.雨の流れや風呂場の水の流れをチェックする

家が傾いていると、雨が降ったときに雨が雨どいをたどらなくなりがちです。雨どいをたどらずにあふれ出していたり、外壁に雨の流れが当たったりするようになります。砂や落ち葉などが吹きだまりを作っている可能性もありますが、雨水がきちんと雨どいを通っているか雨の日に確認してください。また、風呂場の水の流れもチェックポイントの1つです。風呂場やキッチンなどで水の流れが悪い場合、家が傾いている恐れがあります。本来、勾配がついているはずの排水パイプが変な方向に向いてしまうのです。水圧か加わったとしても容易に水が流れず、水はけが悪くなるでしょう。

4.家の傾きを補強する方法は?

では、家の傾きを補強する方法とは、どのような方法があるのでしょうか。

4-1.まずは現地調査が必要不可欠

家の傾きを補強するには、現地調査が必要不可欠です。素人ではチェックできる範囲が限られているため、基礎部分や柱・梁をチェックしてくれるリフォーム業者などの専門業者に調査を依頼しましょう。しっかりと調査を行うからこそ、家が傾いている原因を突き止めることができます。原因が判明すれば、正しい補強を行うことができるのです。調査を依頼する際は、きちんと現地調査を行ってくれるか・親身になって相談にのってくれるかチェックしてください。

4-2.ジャッキアップ工法・薬液注入工法・アンダーピニング工法

主な補強方法としては、ジャッキアップ工法・薬液注入工法・アンダーピニング工法の3つの方法があります。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

4-2-1.ジャッキアップ工法

家の下に油圧ジャッキを設置し建物を持ち上げて傾きを修正する方法がジャッキアップ工法です。設置箇所によってさまざまな工法がありますが、基礎と土台の間にジャッキを設置したり、基礎ごと持ち上げたりする方法が一般的でしょう。施工費用は約200万~260万円が相場です。建物由来の傾きに対して効果を発揮するため、地盤沈下が原因の場合は別の工法を採用します。

4-2-2.薬液注入工法

さまざまな薬液を家屋下に注入して傾きを修正する方法が、薬液注入工法です。一般的に、硬質ウレタン注入工法やグラウト注入工法などが用いられます。ジャッキアップ工法とは違って地面を掘り返す手間が必要ないため、短期間で施工できるでしょう。ただし、修正できる傾きの量は最大で約5cmとなっています。5cm以上の傾きの場合は採用されません。

4-2-3.アンダーピニング方法

基礎部分に穴を掘り、ジャッキの圧力と家の加重を利用して地盤に杭(くい)を打ち込む方法がアンダーピニング工法です。地面下の頑丈な支持層まで杭を打ち込むため、地震発生時の耐久性を向上させることができます。ただ、杭打ちなど大がかりな工事となるので、施工期間が長く費用が高くなりがちです。

4-3.新しい土台を作る必要もある

家が傾く原因によっては、新しい土台を作らなければならないケースもあります。床下の根太・梁の腐食が結構進んでいると新しい土台を作り、梁や柱も新しいものに取り替えなければなりません。柱自体を取り替えることになると大がかりな工事になるため、多額の費用がかかります。費用を最小限に抑えるには、早期発見・早期対処が必要です。

5.家の傾きに関してよくある質問

家の傾きに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.補強が必要な傾きの範囲は?
A.目安の1つとして、傾きの大きさで判断する方法があります。傾きの大きさが「3/1000」を超えると要注意です。「3/1000」の数値を超えているとすぐに補強しなければならない状況だと思ってください。「6/1000」の場合は状況しだいでは直ちに補修など対応を検討すべき場合が多いでしょう。自分で計測する場合は、市販の安価な水準器を使ってください。ある程度の傾きながら判断しやすくなります。

Q.傾いた家を補強するメリットは?
A.家の軸組みそのものを水平にすることで、柱・床・壁・基礎にかかる負担が軽減します。耐久性がアップするのはもちろんのこと、今後の震災に対する減災効果も期待できるのです。家の傾きは人の健康面だけでなく、柱や壁などにも負担がかかりやすくなっています。さらに、小さな子どもは傾いた家の悪影響で健康被害が長期的に続くこともあるでしょう。さまざまな不具合をなくし、安心して生活するためには傾いた家を補強する必要があります。

Q.浴室付近で傾きがある原因は?
A.床の下地材が劣化している可能性が高いといえるでしょう。築数年経過すれば建物自体が劣化するのは当たり前ですが、床下もどんどん劣化します。特に、床の下地材は劣化するとへこみやすくなり、部屋が傾いているように見え始めるのです。浴室は水分によって腐敗しやすくなるため、家が傾いているように感じやすくなります。

Q.構造上の問題が原因で家が傾いたときの対処法は?
A.柱や土台が傾いている可能性が高いため、基礎はそのままにして傾きがある部屋だけリフォームをするのが最適な方法といえます。基礎は水平なのに柱・壁・土台などが傾いていると、基礎のジャップアップ工法は不可能です。ただし、ほかにも原因がある場合は、さまざまな工法を検討し最適な方法を選ぶことになるでしょう。

Q.業者選びのポイントは?
A.どのような質問にも丁寧に答えてくれるか・スピーディーに対応してくれるかなどさまざまなポイントをチェックしてください。家が傾く原因によっては補強工法が高額になるため、見積書の詳細もしっかりと確認しましょう。具体的に記載されていない場合は、悪徳業者の可能性があります。

まとめ

家の傾きは、地盤沈下・シロアリの被害・施工不良などさまざまな原因があります。傾きを放置すると家全体のゆがみにつながり、住んでいる人の健康面にまで悪影響を及ぼすことになるでしょう。まずは、原因をしっかりと突き止めてから適正な補強方法を選択する必要があります。早期発見・早期補強を行えば、費用も最小限に抑えることができるでしょう。


「フローリングをキレイに使いたいので、傷を防止する方法はないか」「賃貸物件なので、フローリングを傷付けずに使うコツを知りたい」とお考えではありませんか? フローリングは、いつの間にか傷が付いてしまうものです。しかし、普段から気を配ることでキレイな状態に保つこともできます。まずは、フローリングに傷が付く主な原因を知り、きちんと対策しましょう。

今回は、フローリングの傷を防止する方法について詳しく解説します。

  1. フローリングに傷が付く原因は?
  2. フローリングの傷を防止するポイントは?
  3. フローリングの傷防止におすすめのグッズ
  4. フローリングの傷を防止する方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、フローリングの傷を防止するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


床下の湿気対策でお悩みではありませんか? 特に雨が多い季節になると、いつでもジメジメして嫌ですよね。まずは、何が原因で湿気が発生するのかを調べ、適切な対策をする必要があります。しかし、どんな原因があるのか・どんな対策をすればいいのかなど、よく分からないことでしょう。

そこで今回は、床下の湿気対策について詳しく解説します。

  1. 床下の湿気対策が必要な理由
  2. 床下で湿気が発生する原因は?
  3. 床下の湿気対策にはどんな方法がある?
  4. 床下の湿気対策を業者に依頼するときの注意点
  5. 床下の湿気対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、床下を効率よく除湿するコツがよく分かます。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


「ベランダに鳩が来て困っているが、良い対策法はないか」とお考えではありませんか? 鳩が来ると、鳴き声がうるさい・フンで洗濯ものやベランダが汚れるなど、さまざまな問題があります。それに、雑菌の繁殖による健康被害も心配です。鳩に罪はないものの、何とかして追い払いたいことでしょう。

そこで今回は、ベランダの鳩対策について詳しく解説します。

  1. ベランダに鳩が来るとどんな問題がある?
  2. 鳩がベランダに執着する理由は?
  3. ベランダの鳩対策方法
  4. おすすめの鳩対策グッズを紹介
  5. 鳩対策の効果がない場合は業者へ依頼しよう
  6. ベランダの鳩対策でよくある質問

この記事を読むことで、ベランダの鳩を追い出すコツがよく分かります。まずは、記事を参考にしてください。

続きを読む


「外壁塗装をやり直したいが、どんなトラブルがありがちなのだろう」とお考えでしょうか? 確かに、外壁塗装では、さまざまなトラブルが報告されています。しかし、いくつかのコツをつかんで依頼することで、トラブルを予防でき、満足度の高い仕上がりを手に入れることも可能です。まずは、どんなトラブルがあるのかを知り、対策をしましょう。

今回は、外壁塗装でありがちなトラブルについて詳しく解説します。

  1. 外壁塗装に関するトラブルの現状は?
  2. 外壁塗装に関するトラブル事例
  3. 外壁塗装のトラブルを予防する方法は?
  4. トラブルが起きてしまった際の対処法
  5. 外壁塗装のトラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装のトラブルの予防法や対策法がよく分かります。外壁塗装で失敗したくない人は、記事を読んでみてください。

続きを読む


近年は異常気象により猛暑・酷暑となることが多く、部屋の暑さ対策が重要になってきています。実は、部屋の中でも熱中症や具合が悪くなってしまうこともあるのです。しかし、具体的に何をしたらいいのかわからない・あまりお金をかけたくない、という方のために、部屋の暑さ対策のポイントをご紹介しましょう。

  1. 部屋が暑くなってしまう理由
  2. 暑くなりやすい部屋の特徴
  3. 部屋の暑さ対策
  4. 部屋の暑さ対策についてよくある質問

部屋の暑さ対策をすることで、健康的な生活ができるだけでなく、エアコンなど光熱費の節約にもなります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む


給湯器からガスのにおいがするときは、不完全燃焼の可能性があります。「ガスのにおいがしているけど大丈夫」と思わないようにしてください。不完全燃焼を放置すると、一酸化炭素中毒になり、命に関わる危険があります。では、不完全燃焼の疑いがある場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

本記事では、給湯器における不完全燃焼の対処法を解説します。

  1. 給湯器の不完全燃焼は危険!
  2. 給湯器の不完全燃焼の原因は?
  3. 給湯器の不完全燃焼の症状と異常は?
  4. 給湯器が不完全燃焼したときの対処法
  5. 給湯器が不完全燃焼したときの修理交換は?
  6. 給湯器の不完全燃焼に関してよくある質問

この記事を読むことで、給湯器が不完全燃焼したときの症状と修理方法などが分かります。気になっている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


給湯器のファンモーターが故障すると、どのような症状が現れるのでしょうか。給湯器が急に故障すると、お湯が使えなくなり不便になります。未然に故障を防ぐためには、前兆を把握することが大切です。また、即日対応が可能な給湯器交換業者に依頼するのも、スピーディーに修理するポイントとなります。

本記事では、給湯器のファンモーターが故障したときの対処法などを紹介しましょう。

  1. 給湯器のファンモーターはどんな機能?
  2. 給湯器のファンモーターのよくある故障
  3. 給湯器のファンモーターが故障したときにすべきこと
  4. 給湯器のファンモーター故障に関してよくある質問

この記事を読むことで、給湯器のファンモーターでよくある故障や故障時にすべきことなどが分かります。

続きを読む


屋根トラブルの代表的なものといえば、雨漏りです。「天井に染みができはじめ、何かと思ったら雨漏りだった」という例も珍しくありません。また、「台風の後、いきなり雨漏りがするようになった」というケースもあります。屋根の雨漏りを放っておくと、家全体の寿命が短くなる可能性もあるので、早急な対処が必要です。

今回は、屋根が雨漏りする原因や対処方法を紹介しましょう。

  1. 屋根が雨漏りする原因
  2. 屋根の雨漏りが疑われる場合の対処方法
  3. 雨漏りの修理方法
  4. 屋根の雨漏りに関するよくある質問

この記事を読めば、雨漏りの応急処置方法や修理業者の選び方も分かります。屋根の雨漏りについて知りたい人や修繕方法を探しているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.屋根が雨漏りする原因

はじめに、屋根から雨漏りが起こる主な原因を紹介します。

1-1.屋根材の経年劣化

屋根は、瓦・スレート・トタンなどさまざまな素材でできています。どのような素材であれ、おおよそ10~20年の間に劣化し、浮きやひび割れなどが出てくるでしょう。また、しっくいやコーキングなど素材同士をつなぐものが劣化し、剝がれることによって雨漏りが起こることもあります。

1-2.板金の劣化

屋根には、棟板金や雨仕舞(あまじまい)板金など、屋根材をつなぐ箇所にガルバリウム鋼板やトタンの板金が使われていることがあります。これが劣化するとクギが浮いたりひび割れたりしてそこから雨水が入り込み、雨漏りとなることがあるでしょう。特に、トタンは劣化が早く、屋根本体よりも早く修繕や交換が必要になることもあります。

1-3.屋根塗装や防水シートの劣化

屋根は、塗装や防水シートによって雨水が内部まで入り込まないようになっています。塗装や防水シートも屋根材と同じように、10~20年程度で劣化するので交換や補修が必要です。

1-4.雨どいのつまり

屋根の雨どいが落ち葉や土などでつまっていると、雨水がオーバーフローして雨漏りになることがあります。雨どいを掃除したり交換したりすることにより、雨漏りがおさまることもあるでしょう。

1-5.台風や地震の被害

台風や地震により、屋根の素材がひび割れたり瓦などが落ちたりすると、そこから雨漏りが始まることがあります。「台風や地震の後、急に雨漏りがするようになった」というときは、台風や地震で屋根が被害を受けた可能性があるので、至急、修理が必要です。

1-6.施工不良

新築後、すぐに雨漏りが始まった場合は、施工不良の可能性があります。建築会社に立ち会ってもらい、屋根を調査してもらいましょう。

2.屋根の雨漏りが疑われる場合の対処方法

この項では、屋根が雨漏りしているかもしれない場合の応急処置方法や、注意点を紹介します。

2-1.不用意に屋根に上らない

雨漏りの疑いがあるからといって、不用意に屋根へ上ってはいけません。特に、瓦屋根は踏みどころが悪いと瓦が割れてしまいます。また、転落の危険性もあるでしょう。屋根に上る場合は、十分に注意して屋根を傷つけないように気を配ってください。また、屋根に上ったら、雨どいの中を確認しましょう。落ち葉や土がつまっている場合、取り除くと雨漏りが解消するかもしれません。

2-2.応急処置はビニールシートで行う

地震や台風によって屋根が被害に遭った場合は、ビニールシートをかけて応急処置をしましょう。ビニールシートはホームセンターで販売されているほか、自治体で配布している場合もあります。ビニールシートをかけるときは転落に注意し、複数人で協力して行いましょう。

2-3.DIYで雨漏りは直すのは難しい

ドラマや映画の中では、雨漏りを自分で直すシーンがよく描かれていますが、現在ではDIYで完全に屋根の雨漏りを修繕するのは難しいでしょう。ホームセンターでは屋根の補修材などを販売していますが、あくまでも応急処置用だと考えてください。

2-4.雨漏りが起こったら時間と場所、量をチェックする

雨漏りが起こったら、「どこで、どのくらいの量が、何分」雨漏りしたか、チェックしましょう。天井裏に水がたまっている場合、雨が降っていなくても雨漏りする場合があります。雨漏りの量や場所が分かっていれば、雨漏り箇所を特定しやすくなるでしょう。なお、雨漏りの水はバケツなどで受けてください。

3.雨漏りの修理方法

この項では、雨漏りの修理方法や費用、業者の選び方などを紹介します。

3-1.まずは雨漏りの場所と原因を特定する

雨漏りが発生したら、まずは雨漏りの診断や修理を請け負っている業者に依頼し、雨漏りの場所と原因を調査してもらいましょう。調査方法には以下のようなものがあります。

  • 目視検査:目で屋根の破損箇所や雨漏り箇所を調査する。3万円~が相場
  • 散水検査:屋根に水をまき、雨漏りの箇所や原因を調査する。数万~10万円台が相場
  • 赤外線調査:高感度赤外線カメラを用いて、屋根裏などに雨水がたまっていないか、断熱材が雨水を吸い込んでいないかを調査する方法。10万円台が相場

目視検査や散水検査をしてもらえば、ほとんどの場合、雨漏りの原因や場所が特定できるでしょう。

3-2.雨漏りの修繕方法:塗装の塗り替え

屋根の塗装が劣化している場合、塗装の塗り替えが必要です。外壁塗装と一緒に行うというケースもあります。屋根塗装の費用は、使う塗料の種類や屋根の広さによって異なるので、まずは見積もりを作成してもらいましょう。外壁も一緒に塗装してもらう場合、工事が終わるまで2~3週間かかることもあります。

3-3.雨漏りの修繕方法:屋根のふき替え

屋根材や板金が劣化していた場合、交換が必要です。屋根全体で劣化が激しい場合は、ふき替えをすすめられることもあるでしょう。屋根をすべてふき替える場合は、数十万~100万円台の費用がかかります。部分交換は、素材や範囲によって異なるので、業者と相談して、見積もりを作ってもらいましょう。

3-4.雨漏りの修理方法:屋根全体の修復

屋根内部にまで雨水が入り込み、カビが大量発生したり天井裏が腐食していたりする場合は、屋根全体の修理が必要です。費用は、100万円~300万円くらいになるでしょう。雨漏りに気づかず、放置していると屋根全部を修繕しなければならなくなります。

3-5.火災保険が申請できるケースもある

台風や地震などで屋根が破損した場合、火災保険が適用されることがあります。火災保険のオプションで、自然災害による家屋の破損がついている場合、申請してみましょう。保険金が下りるかもしれません。

3-6.業者は実績で判断する

雨漏りを修理してくれる業者はたくさんあります。しかし、診断と修理を両方やっている業者の中には、応急処置程度のことしかできないところもあるでしょう。屋根塗装やふき替えなどは、専門の業者に依頼したほうがよいこともあります。業者の実績をみて判断してください。また、飛び込みで「屋根が傷んでおり、このままでは危険です」といったセールスをしてくる業者は、ほとんどが悪徳業者です。できれば複数の業者から見積もりを取り、比較検討してみましょう。

4.屋根の雨漏りに関するよくある質問

この項では、屋根の雨漏りに関する質問を紹介します。

Q.雨漏りを予防する方法はあるでしょうか?
A.築8年を超えたら、定期的に屋根を業者にチェックしてもらうのがおすすめです。そうすれば、雨漏りが起こる前に修繕ができます。

Q.屋根の塗装を自分で行えませんか?
A.いいえ。屋根の塗装に使われる防水塗料は何回も塗り重ねないと防水効果が発揮できません。職人の熟練した技術が必要です。

Q.瓦のふき替えはどのくらいの期間で行えますか?
A.屋根すべてをふき替える場合は、2~3週間は必要です。一部の場合は1週間以内で大丈夫でしょう。

Q.屋根以外からも雨漏りすることはありますか?
A.はい。窓のパッキンや壁から雨漏りすることがあります。

Q.雨漏りしていないのに、天井から水が垂れてきました。
A.屋根裏に動物が入り込んでふん尿をしている可能性があります。業者に確かめてもらいましょう。

まとめ

今回は、屋根から雨漏りする原因や対処方法を紹介しました。屋根から雨漏りする原因はたくさんあり、個人では応急処置以上のことは難しいでしょう。家全体の寿命を縮めないためにも、業者に依頼し、早急に調査・修理を行うことが大切です。


「ガス給湯器は屋内設置できるのか?」「屋内設置の場合の注意点を知りたい」という人は多いでしょう。ガス給湯器には屋内設置型と屋外設置型があり、設置する際にはどちらかを選択しなければなりません。住んでいる家が戸建てか集合住宅かはもちろんのこと、地域の特性なども考慮して選ぶ必要があるため、詳しく知っておきましょう。

この記事では、屋内設置型の種類やメリット・デメリット、設置業者の選び方などをまとめてご紹介します。

  1. 屋内設置型ガス給湯器とは?
  2. 屋内設置型ガス給湯器の種類を紹介
  3. 屋内設置型ガス給湯器のメリットとデメリットは?
  4. ガス給湯器の設置業者を選ぶポイント
  5. 屋内設置型ガス給湯器に関するよくある質問

この記事を読むことで、ガス給湯器の設置タイプによる違いや選び方・設置工事にかかる費用などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む