病気の原因にも?! 部屋にカビが生えない方法が知りたい!

普通に掃除しているつもりでも、部屋にカビができたらショックですよね。カビはそのまま放置すると、アレルギーを引き起こす原因にもなりますし、早めの対処が必要です。

そこで今日は、部屋にカビが生えない方法をまとめました。不快なカビで悩まされている人は読んでみてくださいね。

  1. カビが生えやすい季節はいつ?
  2. 家の中でカビが生えやすい場所
  3. 簡単にできるカビ対策
  4. カビ対策の注意点
  5. カビ除去のプロに依頼する

1.カビが生えやすい季節はいつ?

カビが生えるは、イメージ的に梅雨の時期や、冬のじめじめした日かもしれませんね。しかし実は春が最もカビが繁殖しやすい季節。春にたっぷり栄養を蓄え、梅雨に一気に増殖する、それがカビです。また、花粉と同じように常に空気中に浮遊しています。

しかし、

  • 25度から30度の室温
  • 80%以上の高い湿度
  • 風が通らない場所

これらの状況が揃うと、季節や場所問わずカビが増える可能性が高くなるでしょう。

2.家の中でカビが生えやすい場所

  • 日の当りにくいベッドルームの壁、マットレスの裏側
  • ソファやタンスなど、重い家具の裏側
  • 押し入れやクローゼット

これらの場所に共通するのは、換気が悪く湿気が溜まりやすいことです。

3.簡単にできるカビ対策

換気を良くすることは、一番のカビ対策になります。

  • 1日に何度か家中の窓をあける
  • 除湿機を稼働する
  • 扇風機やうちわで室内の風を循環させる
  • クローゼットの湿気とりをこまめに変える
  • マットレスの下はスノコを付けて風を通す
  • 布団乾燥機を利用する
  • 室内に水はけの悪い観葉植物を置かない
  • 時々エアコンの送風を10分程度付けて風を送り、窓を開ける
  • エアコンの除湿機能を利用する
  • 湿度計を設置し65%以内に抑える

4.カビ対策の注意点

4-1.室内に洗濯物を干すときは注意

風通しの悪い室内に洗濯物を乾かすと、湿度が高くなり、カビが好む条件が整います。お風呂場に干す、乾燥機を利用する、できるだけ外に干すことを徹底しましょう。

4-2.掃除機で吸い取らない

カビの胞子が勢い良く排出口から出てしまい、逆効果です。

4-3.布団はこまめに干す

普段使わない客用布団など、長期間出さない布団の下はカビの温床になる場合が。しっかり干して日光消毒を行い、押し入れは乾燥させましょう。

4-4.カビ除去薬品に注意

市販の薬品は効果が高い反面、使用中気分が悪くなったり、フローリングや壁を変色させることもあるので十分注意してください。

5.カビ除去のプロに依頼する

広範囲のカビや重い家具の裏側など、自分で対処しにくい場所は、カビ対策中に体を壊してしまうことも。そんなときはプロに頼むのも良いでしょう。ハウスクリーニングや、防カビ工事を得意とする業者に依頼してはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。部屋のカビ対策は、

  • 換気
  • 通気
  • 湿度を下げる

この3つを頭に入れて、空気が籠った場所を取り除くことが大切です。なお、空気を入れ替えるときは、カビの胞子を吸い込まないように、マスクを着用しましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!